司法試験シンポジウム~若手弁護士モニターによる答案作成をふまえて~

 

司法試験について、本年は、法科大学院で現に指導している研究者教員からも相当数の問題作成担当考査委員を選任する体制に戻すこととされるとともに、昨年度から、検証担当考査委員の会議を開催して、出題内容に改善すべき点はなかったか等を検証することも行われています。法科大学院制度と司法試験の連携の観点を踏まえて、考査委員の選任体制をどうすべきかについて、引き続き検討することも必要です。


司法試験をめぐっては、当シンポジウムでもこれまで取り上げてきましたように、現行の司法試験制度が法科大学院教育の範囲を超えた過大な試験制度となっていないか、といった根本的な疑問も、一部に指摘されているところです。


そこで、今年度は、司法試験合格後2~3年程度の方々に本年度の司法試験の論文問題をモニターとして解いてもらった結果や得られたアンケート等を踏まえて、司法試験の内容や実施方法の改善方向について、より踏み込んだ検討を行うことも含めて、標記シンポジウムを開催いたします。


奮ってご参加ください。

 

日時

2017年12月2日(土) 13時00分~17時00分

場所

弁護士会館17階 1701会議室 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費

参加費無料

内容

●プログラム(予定)

(1)報告

①今年度の司法試験のうち、行政法・民法・刑訴法の各論文試験について、モニターの解答やアンケートを踏まえた出題分析と改善点の有無・方向性について

②短答式試験および論文式試験の経年分析

③法科大学院協会の司法試験アンケート結果について

<報告者>

法科大学院研究者教員、日弁連法科大学院センター委員・幹事等

 

(2)パネルディスカッション

① 司法試験の出題内容について

② 司法試験の採点等について


<パネリスト>

大貫 裕之 中央大学大学院法務研究科教授

後藤 昭 青山学院大学法務研究科教授

亀井 尚也 関西学院大学司法研究科教授・弁護士

<コーディネーター>

   中西 一裕 日弁連法科大学院センター副委員長・弁護士

 

申込方法

以下のURLからお申込ください。

定員(80名)に達し次第、受付を締め切らせていただきますので、お早めにお申込みください。事前申込みがない場合でも、お席に空きがあるときは入場可能ですが、事前申込みされた方を優先させていただきますので、あらかじめご了承ください。

 

icon_page.pngWeb申込フォーム

参加対象

弁護士、大学・法科大学院等の教員・補助教員 等

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 法制部法制第一課
TEL 03-3580-9511
FAX 03-3580-9899

 

個人情報取り扱いについての記載:

ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会の個人情報保護方針に従い厳重に管理し、本シンポジウムに関する事務連絡のみに使用します。

当日は、日弁連職員による撮影があり、撮影した映像・画像は、日弁連の広報に使用される可能性がございます。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお知らせください。