連続シンポジウム 「地域で防ごう 消費者被害in 札幌」

 

高齢者を狙った電話勧誘販売・訪問販売といった悪質商法や振り込め詐欺などの被害が後を絶ちません。


1人暮らしの高齢者や夫婦のみの世帯が増えていく中、『地域全体で』見守ることで被害を防ぎ、早期に被害を発見し、救済していくネットワークが重要となっています。


本シンポジウムでは、地域の様々な団体と『顔の見える関係』を築いてネットワークを作れるよう、消費者被害の防止・救済に取り組む団体の様々な活動を紹介していきます。


ぜひ、ご参加ください。


日時

2017年10月28日(土) 13時00分~16時30分

場所

北農健保会館→会場地図

北海道札幌市中央区北4条西7丁目1-4


参加費

参加費無料・申込み不要

内容

○講演①

 高齢者の消費者被害の現状と地域の連携による被害防止

講師 池本 誠司 氏 (弁護士/内閣府消費者委員会委員長代理)

○講演②

 北海道における「地域消費者被害防止ネットワーク」の現状と課題

  講師 鶴ヶ崎 徹 氏 (北海道上川総合振興局保健環境部くらし・子育て担当部長)

○地域や団体の取組交流

 

消費者被害の予防・発見・救済・見守り等の各場面において、それぞれの地域や団体が行っている取組を紹介し、情報の共有と具体的な連携について考えます。


 チラシ (PDFファイル;680KB)

主催

札幌弁護士会、日本弁護士連合会

共催

北海道弁護士会連合会、旭川弁護士会、釧路弁護士会、函館弁護士会、一般財団法人日本消費者協会、一般社団法人全国消費者団体連絡会、公益社団法人全国消費生活相談員協会、公益社団法人日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会、主婦連合会、全国青年司法書士協議会、全国消費者協会連合会、全国消費者行政ウォッチねっと、全国地域婦人団体連絡協議会、日本司法書士会連合会、日本生活協同組合連合会、日本退職者連合、労働者福祉中央協議会

後援

消費者庁、独立行政法人国民生活センター、北海道、札幌市、公益財団法人全国防犯協会連合会、公益財団法人全国老人クラブ連合会、社会福祉法人全国社会福祉協議会、全国自治会連合会、全国民生委員児童委員連合会など

お問い合わせ先

札幌弁護士会 

TEL 011-281-2428

日本弁護士連合会 人権第二課

TEL 03-3580-9507