シンポジウム「オンライン決済代行から考える消費者保護」

 

割賦販売法の一部を改正する法律(平成28年法律第99号)により、オンライン決済代行事業者(PSP)を含むクレジットカード番号等取扱契約締結事業者の登録制が導入されましたが、詐欺的サイトの事業を陰で支える不良PSPの取締りへの影響は未知数です。


本シンポジウムでは、改正割賦販売法後のPSPの加盟店管理の在るべき姿を検討し、決済代行業界の健全化の方法を模索します。奮ってご参加ください。

 

日時

2017年10月21日(土) 13時00分~16時00分(開場予定 12時30分)

場所

弁護士会館17階1701会議室 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

どなたでもご参加いただけます。

※定員120名(先着順) 

内容(予定)

※プログラムは変更となる可能性があります。

1 基調報告 
 ①東京都消費生活総合センターからの報告
 ②サクラサイト被害全国連絡協議会の報告
 ③業界(LINE Pay株式会社)の報告

2 パネルディスカッション
 千葉 惠美子 氏(大阪大学高等司法研究科法務専攻教授)
 渡辺 宏一郎 氏(LINE Pay株式会社運営室室長)
 飯原 一樹 弁護士(三菱UFJニコス執行役員)
 長田 淳 弁護士(サクラサイト被害全国連絡協議会)
 永井 隆光 弁護士(前・経済産業省商取引監督課)

 

申込方法

事前申込不要

  チラシ (PDFファイル;181KB)


主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課 

TEL 03-3580-9968  FAX 03-3580-2896

個人情報取り扱いについての記載:
日本弁護士連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。

また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。