国際シンポジウム 国際法における「戦争難民」、そして市民社会の役割

 

シリアから出国した難民だけでもその数は500万人を超えますが、その解決の見通しはいまだ立っていません。

国際法は、武力紛争から国外に逃れた人々、「戦争難民」にどう関わってきたのでしょうか?

またこれから、どう関わるべきなのでしょうか?

さらに、大学関係者や弁護士を含む市民社会の役割は何なのでしょうか?

このような問題意識を出発点に、欧州人権裁判所の裁判官や国際難民法の有識者、国内の専門家などをお招きし、国際シンポジウムを開催します。

どうぞ、ふるってご参加ください。

 

日時 2017年9月23日(土) 10時00分~16時30分
場所

ICU(国際基督教大学)東ヶ崎潔記念ダイアログ・ハウス
 icon_page.pngICUへの交通アクセス
 icon_page.png東ヶ崎潔記念ダイアログ・ハウス

内容

 ◆講演

1 「国際法における『戦争難民』」(Judge Hugo Storey, Ph.D, Upper Tribunal, UK)
2 「難民、武力紛争と欧州人権裁判所」 (Judge Martines Mits, Ph.D, the European Court of Human Rights)
3 「市民社会は『戦争難民』の保護のために何ができるか?」 (石川えり・難民支援協会代表理事)
4 「大学は『戦争難民』の保護のために何ができるか?」(高田亜樹・JICUFコミュニケーションズ・ディレクター)


 ◆パネル・ディスカッション(川内敏月・UNHCR駐日事務所副代表と4名の講話者)


※日英同時通訳あり


PDF チラシ (PDFファイル;144KB)


申込方法 事前申込不要・参加費無料
主催 日本弁護士連合会・国際基督教大学(ICU)平和研究所(PRI)
お問い合わせ先           

新垣修(モデレーター、PRI所員) aosamu@icu.ac.jp

※上記メールアドレスは、スパム対策として、@を全角にしています。半角の@に変換して送信してください。