第93回国際人権に関する研究会「強制失踪からのすべての者の保護に関する国際条約(強制失踪条約)について」

 

昨年7月、日本政府は第1回政府報告書を国連強制失踪委員会に提出しました。日本も締約国となっている強制失踪条約について、今年の6月末まで国連強制失踪委員会の委員を務められた薬師寺公夫教授から、条約の背景、意義や内容についてご説明いただきます。

 

強制失踪条約は強制失踪の犯罪化等にとどまらず、広く、自由を奪われた人々の健康状態等について情報を得る権利についても規定を設けています。強制失踪条約を活用する方法を議論する貴重な機会ですので、お誘いあわせのうえ奮ってご参加ください。

 

日時

2017年9月14日(木) 18時00分~20時00分

場所

弁護士会館14階1401会議室 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

どなたでもご参加いただけます(先着順・定員40名)

講師 

薬師寺公夫 氏(立命館大学法務研究科(法科大学院)教授)

申込方法

以下のいずれかの方法でお申し込みください(申込期限:9月11日(月))

icon_page.pngWEB申込みフォームへご入力ください。

②チラシ兼申込書に記入の上、FAX(03-3580-9840)でご送付ください。

 

icon_pdf.gifチラシ兼申込書 (PDFファイル;249KB)

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 企画部国際課
TEL 03-3580-9741
FAX 03-3580-9840

 

個人情報取り扱いについての記載:

ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理し、本研究会に関する参加人数の確認、ご連絡以外には使用いたしません。