「法廷通訳に関する研修会 通訳におけるメモと記憶のメカニズム」

 


本研修会では、メモと記憶のメカニズムを題材に、通訳を巡る研究その他科学的知見に関する講義や、メモとりについての実演型研修を行い、要通訳事件における弁護の質の向上を目指します。


是非奮ってご参加ください。

 

日時

2017年8月1日(火) 18時00分~20時00分

場所

弁護士会館17階 1701会議室→会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

※各弁護士会での参加(テレビ会議システムを利用した配信)を希望される方は、参加希望先の弁護士会へお問い合わせください。)。

参加費・受講料

無料・事前申込制[東京(弁護士会館)]

参加対象

弁護士、司法通訳者、研究者、裁判官、検察官、司法修習生

講師
水野 真木子氏 (金城学院大学 教授)
吉田 理加氏 (順天堂大学 講師/司法通訳者(スペイン語))
馬 小菲氏 (就実大学 非常勤講師/司法通訳者(中国語))
コーディネーター: 寺田 有美子 (日弁連刑事弁護センター幹事(大阪弁護士会))
内容(予定)

第1部 実演型研修
【通訳におけるメモと記憶のメカニズム】
司法通訳におけるメモの技術と記憶のメカニズムについて、デモンストレーションを交えて紹介。実践を通じて通訳行為の特性と技術を学んで頂きます。


第2部 司法通訳と弁護技術
【要通訳事件で生きる弁護実践のために】
最近の研究に基づき、誤訳の多い表現等、要通訳事件において弁護人、通訳人双方が知っておくべき情報を多数紹介します。

申込方法

【東京会場(弁護士会館)】
添付の申込用紙に必要事項をご記入の上、FAXでお申し込みいただくか、WEB申込フォームからお申し込みください。


PDFファイルチラシ兼申込書 (PDFファイル;343KB)

申し込みフォームへWEB申込フォーム


【各弁護士会(テレビ会議システム接続による配信】
参加を希望される弁護士会にお問い合わせください。

申込期限

2017年7月26日(水)

主催

日本弁護士連合会

備考

【臨時託児サービスあり】

ご希望の方は、以下の問い合わせ先に2017年7月18日(火)までにご連絡ください。

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 法制部法制第二課 

TEL 03-3580-9852

 

個人情報取り扱いについての記載:

ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理いたします。また、この個人情報に基づき、日本弁護士連合会または日本弁護士連合会が委託した第三者から、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍のご案内その他日本弁護士連合会が有益であると判断する情報をご案内させていただくことがあります。
なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。

日本弁護士連合会では、研修会の内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。