連続シンポジウム「地域で防ごう 消費者被害 in 福岡」

 

悪質商法や、特殊詐欺の手口はより巧妙になり、高齢者の被害も急増しています。

 

被害の予防や回復のため地域の関連団体が連携を強化することの重要性が高まっています。
日本弁護士連合会では、地域の連携強化のため各地の弁護士会と協力し、連続シンポジウムを開催することとしました。

 

皆様のご参加を、心よりお待ちしています。

 

日時

2017年6月17日(土) 13時30分~16時00分

場所

インペリアルパレスシティホテル福岡 2階「セレナ」 (会場アクセスページへ会場地図

(福岡県福岡市博多区中洲5-2-18)

参加費 参加費無料・申込み不要
内容

■講演①

被害防止のための地域の役割と期待-高齢者の消費者被害と救済制度-

[講師] 松本 恒雄氏 (独立行政法人 国民生活センター理事長)

■講演②

被害防止のために~電話勧誘防止装置・訪問販売お断りステッカーの取組など

[講師] 國府 泰道氏 (弁護士・大阪弁護士会)

■報告

地域や団体の取組報告

 

PDFファイル チラシ (PDFファイル;859KB)

主催

福岡県弁護士会、日本弁護士連合会

共催

(特非)消費者支援機構福岡、佐賀県弁護士会、長崎県弁護士会、宮崎県弁護士会、鹿児島県弁護士会  ほか

後援

福岡県、福岡市、北九州市、福岡県司法書士会、(公社)福岡県老人クラブ連合会、(公社)福岡市老人クラブ連合会、(福)福岡市社会福祉協議会、(福)北九州市社会福祉協議会、福岡県民生委員児童委員協議会、北九州市民生委員児童委員協議会  ほか

お問い合わせ先

福岡県弁護士会

TEL 092-741-6416

日本弁護士連合会 人権部人権第二課

TEL 03-3580-9507