第26回憲法記念行事シンポジウム「戦後を支えてきたものは?憲法施行70年目の立憲主義~何を守り何をめざすのか~」

 

立憲主義の危機が叫ばれる中、私たちは憲法施行70年を迎えました。

 

日本国憲法がその基板とする理念「立憲主義」とは、何を守るものなのでしょうか。

 

その歴史的意義・背景、目的、中核とされる「個人の尊重」概念と「法の支配」、民主主義・平和主義との関係などを考察し、なぜ立憲主義は重要なのかを探求します。日本の戦後を支えてきた憲法が、何を守り何をめざしてきたのか、いまどのような危機に直面しているのか、それに対しどのように考え行動すべきか。日本社会の在り方や歴史を紐解きつつ、皆さんと共に考えたいと思います。

 

外部ページへ 第二東京弁護士会

 

 

日時

2017年5月27日(土) 13時00分~17時00分

場所

弁護士会館2階 講堂「クレオ」 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費

無料

参加対象

どなたでもご参加いただけます

内容(予定)

第1部 基調講演 日本国憲法と立憲主義
 講師 石川 健治さん(東京大学法学部教授)

第2部 リレートーク 私と憲法70年~暮らしの中の立憲主義
 市民の皆さん(教育・医療・福祉・国際貢献の現場から)

第3部 憲法前文の朗読 ~70年に思いをはせて~
 加藤 剛さん(俳優)

第4部 パネルディスカッション
 戦後を支えてきたものは?憲法施行70年目の立憲主義を考える~何を守り何をめざすのか

 [パネリスト]

  石川 健治さん (東京大学法学部教授)
  上野 千鶴子さん (東京大学名誉教授・ウィメンズアクションネットワーク理事長)
  石田 憲さん (千葉大学法政経学部教授)

 [コーディネーター]
  川上 詩朗 (弁護士・日本弁護士連合会憲法問題対策本部事務局長)


PDFファイルチラシ (PDFファイル;1.4MB)

申込方法

事前申込不要(ただし、満席となった場合は入場を締め切らせていただきます。)
※お子様連れの参加歓迎します。臨時保育所を設置します。
対象:未就学児

申込み:5月9日までに下記問い合わせ先までお電話ください。
健康条件によっては、引き受け致しかねることがありますのでご了承ください。

主催

日本弁護士連合会、東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会

問い合わせ先

第二東京弁護士会 人権課

TEL 03-3581-2257