シンポジウム「精神障がい者の医療と福祉はだれのものか―措置入院の制度改革について考える-」

 

2016年7月26日、神奈川県相模原市にある障害者支援施設「津久井やまゆり園」で元職員による入所者殺傷事件が起き、措置入院制度の改革が進められようとしています。

そこで、今回のような事件を防止するために必要なのは、措置入院制度の改革なのか、精神医療はどうあるべきか、精神障がいのある人にとって必要な支援とは何かについて、市民のみなさんとともに考える機会とするため、本シンポジウムを開催いたします。

奮ってご参加ください。

 

日時

2017年3月6日(月)  18時00分~21時00分 (開場予定 17時30分)

場所

日比谷コンベンションホール(大ホール)

千代田区立日比谷図書文化館地下1階

(千代田区日比谷公園1-4 地下鉄丸ノ内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口徒歩3分)
icon_page.png会場地図

参加費・受講料

無料

内容

  1. 特別報告「措置入院制度の改革について」

  2. 基調講演「これからの措置入院制度のあり方―検討チームの一人として考えたこと―」
    松本 俊彦氏
    (国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長/相模原市の障害者支援施設における事件の検証及び再発防止策検討チームメンバー)
  3. 基調講演「日本における強制隔離・収容政策」
    内田 博文氏 (神戸学院大学法学部教授)
  4. パネルディスカッション「精神医療の役割とは」
    原 昌平氏 (読売新聞大阪本社・編集委員)
    松本 俊彦氏 (国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長)
    内田 博文氏 (神戸学院大学法学部教授)
    姜 文江 弁護士 (日弁連高齢者・障害者権利支援センター委員)

    ※手話通訳・全文筆記あり

    読み上げ用テキスト版 テキストチラシ
    PDF版チラシ チラシ (PDFファイル;792KB)
申込方法

事前申込不要

※会場の準備の都合上、配慮が必要な方(手話、全文筆記、車いす利用等)は事前に下記連絡先までご連絡いただけますと幸いです。

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第一課

TEL 03-3580-9984
FAX 03-3580-2896
E-MAIL: 0306sympo@nichibenren.or.jp
(※スパム対策として、@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信してくだい。

 

日本弁護士連合会では、シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。

報道機関による取材も予定されており、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。