シンポジウム「ニッポン一億総活躍?介護とどう向き合うか~ジェンダーの視点から~」

 

現在、年間10万人が介護を理由に仕事を辞めています。

 

仕事と介護の両立には、適切な介護サービスの利用が必要不可欠であるにもかかわらず、十分な介護サービスを受けることができないという声が多くあります。

 

一方で、介護サービスの労働現場からは、給与が低い、身体的・精神的に仕事がきつい等の理由から、必要な従業員を確保できず、介護サービスの提供を危ぶむ声が上がっています。

 

従来より、介護は、育児とともに「女性が家庭において無償で行う労働」という性別役割分担の意識の影響を強く受けてきました。介護のため離職する人も介護サービスに従事する労働者も、その8割は女性です。介護をめぐる問題は、女性の問題と言っても過言ではありません。

 

そこで、本シンポジウムでは、介護の現場におけるジェンダーの問題に焦点をあてながら考えていきたいと思います。ぜひ奮ってご参加ください。

 

日時

2017年3月4日(土) 13時00分~16時00分(開場予定:12時30分)

場所

弁護士会館17階1701会議室 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

どなたでもご参加いただけます。
定員120名(先着順)

内容(予定)

※プログラムは変更となる可能性があります。

 

1 基調報告 日弁連両性の平等に関する委員会

2 基調講演 緒方 桂子氏(南山大学法学部教授)

3 介護労働の現場から 横田 祐氏(全国福祉保育労働組合)

4 介護当事者からの発言

申込方法

事前申込不要

 

icon_pdf.gif チラシ (PDFファイル;232KB)

※臨時保育が必要な方は、2月16日(木)までに、下記の問い合わせ先にお電話でご連絡ください。

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03-3580-9968
FAX:03-3580-2896

 

個人情報取り扱いについての記載:

日本弁護士連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影および録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。
また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。