連続シンポジウム 「地域で防ごう 消費者被害 in 東京」

 

昨今、高齢者の消費者被害、特殊詐欺被害が急増していますが、今後、社会がさらに高齢化してゆく状況の中で、今なすべきことは、これら被害の予防と救済のための仕組みづくりをして、それを実践することです。

 

日本弁護士連合会では、そのための取組として、高齢者福祉や消費者問題に関係する団体や機関が連携するシンポジウム「地域で防ごう消費者被害」を全国各地で行うことを企画し、その先駆けとして、2017年2月25日に東京で開催することにしました。ぜひ、ご参加ください。

 

日時

2017年2月25日(土) 13時00分~16時00分(12時30分開場)

場所

弁護士会館3階 会議室 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・受講料

参加費無料・事前申込不要

内容
  • 基調講演
    被害防止のための地域の役割と期待/高齢者の消費者被害と救済制度
    講師 河上正二 氏 (内閣府消費者委員会委員長・東京大学教授)
  • 報告:地域や団体の取組報告
  • 報告:高齢者被害の実情についての現状報告
  • 報告:訪問販売お断りステッカーの活用/迷惑電話防止装置の活用

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;534KB)

主催

日本弁護士連合会

共催

関東弁護士会連合会、東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会
日本司法書士会連合会、全国青年司法書士協議会、労働者福祉中央協議会、日本退職者連合
全国消費者団体連絡会、全国消費生活相談員協会、全国消費者行政ウォッチねっと
日本消費生活アドバイザー・コンサルタント・相談員協会、主婦連合会、日本消費者協会
全国地域婦人団体連絡協議会、全国消費者協会連合会、日本生活協同組合連合会

後援

消費者庁、内閣府消費者委員会、国民生活センター、全国老人クラブ連合会、全国社会福祉協議会、全国民生委員児童委員連合会、全国自治会連合会、全国防犯協会連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会人権部人権第二課
TEL 03-3580-9507

 

個人情報取り扱いについての記載:

日本弁護士連合会では、イベントの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向けの書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。
報道機関による取材も予定されており、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者に申し出てください。