シンポジウム「貸金業法改正10周年~多重債務対策の成果と今後の課題~」

 

高金利引き下げ・過剰融資規制を中心とした2006 年貸金業法改正から10年を迎えます。この間、地方自治体における多重債務相談窓口の拡充など官民挙げた取組により、社会問題化していた「多重債務問題」は沈静化しつつあり、貸金業法改正は画期的な成果を挙げました。

その一方で、銀行等の消費者ローンによる過剰融資や奨学金・滞納公租公課等公的債務の取立を原因とする経済的破綻等も散見されるようになり、また「保証被害」対策も道半ばです。

そこで、改正から10年を迎える節目の時期に、貸金業法改正後10年間における多重債務対策の成果を確認するとともに、多重債務救済を更に進めるために、残された課題・新たに生じている課題について検証し、今後の取組の発展への契機にしたいと思います。

シンポジウムでは、金融庁担当部局からの多重債務問題の現状についての報告、銀行ローン問題を中心とした基調報告、多重債務問題に取り組んできた各界の代表者や研究者を含めたパネルディスカッションを予定しています。皆様の御参加をお待ちしております。

 

日時

201610月21日(金17時30分~20時00分(開場予定17時20分)

場所

弁護士会館17階1701会議室 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費等

参加費無料・事前申込不要

内容(予定)

○第一部・報告
・木村裕二さん(聖学院大学大学院特任講師)
・三上理弁護士(日弁連消費者問題対策委員会幹事)
・金融庁からの報告

○第二部・パネルディスカッション
<登壇者>
・宇都宮健児弁護士
・花井圭子さん(労働者福祉中央協議会事務局長)
・木村裕二さん
・浜田節子さん(経済アナウンサー)
<コーディネーター> 
・新里宏二弁護士(多重債務問題検討ワーキンググループ座長、日弁連消費者問題対策委員会幹事)

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;315KB)

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課 TEL 03-3580-9508

個人情報取り扱いについての記載:

日本弁護士連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像および録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向け書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ・新聞等の各種媒体に使用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。