大阪弁護士会主催・日本弁護士連合会共催 法制化記念市民シンポジウム「取調べ可視化がはじまる-村木厚子さんと考えるこれからの刑事司法-」

 

大阪弁護士会の主催、日本弁護士連合会の共催により、法制化記念市民シンポジウム「取調べ可視化がはじまる-村木厚子さんと考えるこれからの刑事司法-」を開催します。

 

日時

2016年9月17日(土)13時30分~16時00分

場所

大阪弁護士会館2階ホール

(大阪市北区西天満1-12-5)

icon_page.png会場地図

参加費・受講料

入場無料

参加対象・人数

定員800名(先着順)

内容

第1部  「私は負けない」~えん罪との454日の戦いを振り返る~

村木 厚子氏(前厚生労働事務次官)
元弁護人 栗林 亜紀子弁護士(大阪弁護士会)
<インタビュアー>
江川 紹子氏(ジャーナリスト)

 

第2部 東住吉えん罪事件の再審について

青木 惠子氏(えん罪被害者)
弁護人 青砥 洋司弁護士(大阪弁護士会)

 

第3部 取調べ可視化法制化の概要

講師:秋田 真志弁護士(大阪弁護士会)

 

第4部 可視化法制化への道のりと、これからの刑事司法

<パネリスト>
村木 厚子氏(前厚生労働事務次官)
周防 正行氏(映画監督)
江川 紹子氏(ジャーナリスト)
小坂井 久弁護士(大阪弁護士会)
<コーディネーター>
森 直也弁護士(大阪弁護士会)

申込方法

参加申込書に必要事項をご記入の上、大阪弁護士会人権課(FAX:06-6364-7477)宛てファクシミリにてお申し込みください(※大阪弁護士会のホームページからも参加申込み可能です。)。

 

icon_pdf.gifチラシ兼申込書 (PDFファイル;3.26MB)

主催

大阪弁護士会

共催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

大阪弁護士会委員会部人権課
TEL:06-6364-1227