シンポジウム「ワタシの未来・ボクの憲法 ~あなたはどんな未来を描きますか~」

 

69年前、憲法はどんな「未来」を描いて制定されたのでしょうか。 その「未来」は、いま実現しているのでしょうか。その「未来」は、古くさいものになっているのでしょうか。69年を経て、憲法を巡りさまざまな議論がなされています。それらは、日本の国の在り様、社会構造、そして私たちの生活に直結します。

私たちは、いま何を考え、どう選択していくことができるでしょうか。 選挙権年齢が18歳に引き下げられ、未来を担う若者たちに、選挙権が広がりました。国民主権の担い手として、どんな「未来」を選択するのか、どんな「未来」を残していきたいのか。高校生・大学生・社会人の若い皆さんと一緒に、憲法の基本理念を学びながら、未来社会をどう描いていくのか、まずは議論していきたいと思います。

若者のみなさん、ご参加ください。

 

日時

2016年6月18日(土) 13時~16時 (開場予定:12時30分)

場所

イイノホールarrow_blue_2.gif会場地図

(千代田区内幸町2-1-1 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」)

参加費

無料

参加対象・人数 どなたでもご参加いただけます
内容(予定)

第1部 講演

  講 師: 石川健治さん(東京大学法学部教授)
 テーマ: 「憲法はどんな未来を目指してきたか」
 

第2部 パネルディスカッション

 テーマ: 「私たちのめざす未来とは?」
 コーディネーター: 堀 潤さん(ジャーナリスト)
 コメンテーター: 石川健治さん
 パネリスト: 各世代代表(高校生・大学(院)生・母親・父親・祖父母)

 

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;515KB)

申込方法

事前申込不要(当日会場にお越しください)

主催

日本弁護士連合会

共催

東京弁護士会,第一東京弁護士会,第二東京弁護士会,関東弁護士会連合会(予定)

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課

TEL:03-3580-9507

FAX:03-3580-2896

個人情報取り扱いについての記載:

日本弁護士連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日本弁護士連合会の会員向け書籍のほか、日本弁護士連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ・新聞等の各種媒体に使用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。