最低賃金問題を考えるシンポジウム

 

日本の最低賃金は依然として先進諸外国と比較しても低い水準であり、最低賃金制度の主な対象者である非正規労働者の賃金面における待遇改善及び生活と健康の確保の点からも、大幅な引上げは重要です。そして、最低賃金額の引上げにおいては、本来、1日8時間、週40時間の労働で、経済的な心配なく暮らしていけるだけの賃金を確保できるようにすべきですが、現在の水準では労働者個人の生活は不安定なままです。

 

中央最低賃金審議会は、毎年7月末頃、厚生労働大臣に対し、当該年度にかかる地域別最低賃金額改定の目安についての答申を行っていますが、その答申時期に合わせて、改めて日弁連の見解を広く発信するとともに、最低賃金額の意義及びこれに関する問題点を広く周知するために、本シンポジウムの開催を企画しました。

 

奮ってご参加ください。

 

日時

2016年5月13日(金) 18時~20時 ※17時45分開場予定

場所

弁護士会館17階1701ABC会議室

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)
arrow_blue_2.gif会場地図

参加費・受講料

無料

内容(予定) 

(1)基調講演:神吉知郁子氏(立教大学准教授)
テーマ:最低賃金法のこれまでとこれから

 

(2)最低賃金問題に関する当事者発言

田渕大輔会員(神奈川県弁護士会)

猪井伸哉氏(最低賃金裁判原告)   

小畑精武氏(コミュニティ・ユニオン全国ネットワーク江戸川ユニオン委員長)

 

(3)日弁連からの報告:三浦直子会員(日弁連貧困問題対策本部事務局員)

 

(4)質疑応答

 

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;1.3MB)

お申込方法

事前申込不要

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第一課

TEL 03-3580-9483

個人情報取り扱いについての記載:

日弁連では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日弁連の会員向けの書籍のほか、日弁連のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。