【3/19 札幌・3/26 兵庫県】貧困問題全国キャラバン(市民集会、シンポジウム等)の実施について

 

日弁連では、貧困の根絶をめざして貧困問題対策本部を設置し、次の点を日弁連の取り組むべき喫緊の課題ととらえて、集中的に研究や運動に取り組んでいます。

 

  1. 法律扶助制度の拡充及び労働と生活問題に関する総合相談窓口の設置等
  2. 直接・無期の労働契約による正規雇用を原則とする労働法制及び労働政策の抜本的見直し
  3. 日弁連生活保護法改正要綱案の法制化
  4. 子どもの貧困対策の推進
  5. 自殺対策の推進
  6. 女性の貧困対策の推進

このような日弁連の取組を広く市民の皆様に知っていただき、全国の弁護士会とも密接に連携しながら定着させ、さらに、全国の人権団体、労働団体等とも連携を深めるために、2010年度から、全国で連続的に貧困問題に関する集会等を開催する「貧困問題全国キャラバン」を実施しています。

 

具体的には、下記の地域・日時で市民集会、シンポジウム等を開催し、様々な貧困問題について議論しています。

 

今後実施予定の企画に関するお問い合わせは、以下の開催予定一覧をご覧いただき、各弁護士会へお問い合わせください。

 

主催 貧困問題全国キャラバン主催弁護士会
共催 日本弁護士連合会
キャラバンに関するお問い合わせ先

貧困問題全国キャラバン主催弁護士会

開催予定一覧

主催 開催日時 テーマ 場所
札幌弁護士会
TEL:011-281-2428
FAX:011-281-4823
2016年3月19日(土)
13時30分~16時

子どもの貧困~貧困の連鎖を断ち切るためにできること~

札幌市教育文化会館

兵庫県弁護士会
TEL:078-341-7061
FAX:078-351-6651
2016年3月26日(土)
13時30分~16時
これからの社会を支える子どもたちのために我々がすべきこと、できること 兵庫県弁護士会館4階講堂