第17回犯罪被害者支援全国経験交流集会

 

2015年3月現在、過去12か月間の訪日外国人旅行者数は累計1467万人に達しており、日本の在留外国人の総数は約217万人に上ります。しかしながら、来日外国人は、生活習慣の相違等から地域住民とのコミュニケーションが希薄になりやすく、犯罪に巻き込まれ、被害に遭う事案も少なからず存在します。

 

特に、金沢市においては北陸新幹線の開通に伴い、今後外国人観光客も多くなることが見込まれるため、中・長期滞在者のみならず、短期滞在者が犯罪に巻き込まれる事案の対応を検討する必要があります。

 

そこで、今年度は金沢市において、第17回目となる同集会を開催し、特に外国人の犯罪被害者への支援活動の在り方につき、事例等の報告を通じて情報の交換・共有をしたいと思います。

 

皆様、ぜひ奮ってご参加ください。

 

日時

2016年1月29日(金) 13時30分~17時30分(開場:13時00分)

場所

KKRホテル金沢(石川県金沢市大手町2-32)

参加費・受講料

無料               

内容(予定)

第1部

基礎研修「弁護士による犯罪被害者への支援活動」

 

第2部

弁護士による基調報告「外国人被害者に対する支援活動」
金沢弁護士会会員・全国の会員等による個別事例研究の報告

 

第3部

外国人被害者支援活動の諸問題に関する警察官、通訳人を交えたパネルディスカッション

 

申込方法

【弁護士】1月18日(月)までに所属弁護士会へお申し込みください。
※以降は日弁連担当課へお尋ねください。


【一般】事前申込不要

 

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;419KB)

主催(予定) 日本弁護士連合会、中部弁護士会連合会、金沢弁護士会
問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL:03-3580-9932 FAX:03-3580-2896

個人情報取り扱いについての記載:
当連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、当連合会の会員向けの書籍のほか、当連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者にお申し出ください。

 

報道機関及び個人による取材の可能性もあり、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は担当者にお申し出ください。