労働時間法制の規制緩和に反対する市民学習会

 

政府は、2013年6月14日に、「日本再興戦略」と「規制改革実施計画」を閣議決定し、労働法制全般の規制緩和を具体的に進めようとしていますが、2015年通常国会では、日弁連も反対していた派遣法改正法案が強行採決され、派遣労働者の労働環境の悪化が懸念されるところです。

 

さらに、次期通常国会では、労働時間法制の規制緩和関連法案の審議入りが見込まれる状況であることから、その審議時期に合わせて、改めて日弁連の見解を広く発信し、労働時間法制の規制緩和法案の問題点を広く市民の皆様に周知させるために、本市民学習会を企画しました。

 

奮ってご参加ください。

 

日時

2015年12月3日(木) 18時~19時45分 ※17時30分開場予定

場所

弁護士会館17階1701ABC会議室

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

arrow_blue_2.gif会場地図

参加費

無料

内容(予定)
  1. 来賓挨拶
  2. 基調報告
  3. 当事者からのご発言  
    • (1) 全国過労死を考える家族の会
    • (2) 長時間労働当事者
  4. 各団体からのご報告
  5. 情勢報告・日弁連報告

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;250KB)

申込方法

事前申込不要

主催 日本弁護士連合会
問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第一課 TEL 03-3580-9483

個人情報取り扱いについての記載:
日弁連では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日弁連の会員向けの書籍のほか、日弁連のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。また、報道機関による取材が行われる場合、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影をされたくない方は、当日、担当者にお申し出ください。