今あらためて「健康食品」を考える-機能性表示食品制度創設を契機として-

 

本年4月に機能性表示食品制度がスタートしましたが、制度発足後、さっそく、届出が受理された商品について疑義が呈されているものもあります。

 

このような現状を踏まえて、機能性表示食品制度の問題点を指摘しながら、特定保健用食品や、『いわゆる健康食品』も含めた健康食品全体のあり方を考える契機とするために、本シンポジウムを企画しました。奮って、ご参加ください。

 

日時

2015年10月29日(木)18時~20時(開場:17時30分)

場所

弁護士会館17階1701会議室

(千代田区霞ヶ関1-1-3)

arrow_blue_2.gif会場地図

参加費等

参加費無料(事前申込み不要)

参加対象

どなたでも参加いただけます(先着順120名)

内容(予定)

○講演

  • 池上幸江氏(大妻女子大学名誉教授

 

○問題提起

  • 石川直基弁護士(日弁連消費者問題対策委員会委員)

 

○パネルディスカッション

  • 【パネリスト】
    池上幸江氏(大妻女子大学名誉教授)
  • 石川直基弁護士(日弁連消費者問題対策委員会委員)
  • 【コーディネーター】
    西野大輔弁護士(日弁連消費者問題対策委員会委員)

 

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;1.3MB)

主催 日本弁護士連合会
お問い合わせ先

日本弁護士連合会

TEL:03-3580-9941/FAX:03-3580-2896

個人情報取り扱いについての記載: ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理し、本集会の参加者の把握及び事務連絡の目的以外には使用いたしません。