【法科大学院生向け】日本司法支援センタースタッフ弁護士・ひまわり基金法律事務所ガイダンス

 

弁護士数が3万人を超えた現在でも、日本にはまだまだ弁護士が足りない地域があります。そこは、「司法過疎地域」と呼ばれ、弁護士が身近におらず、法的問題が起こっても弁護士にアクセスできないといった問題を抱えています。

 

そんな司法過疎地で弁護士として働くことについて、ガイダンスを開催します。日本司法支援センタースタッフ弁護士や公設事務所弁護士、過疎地で働くことや公益的な活動に興味がある方、または司法試験合格後の進路について検討中の方も、是非お気軽にご参加ください。

 

日時 2015年9月18日(金)18時~19時30分
場所

弁護士会館17階1703会議室arrow_blue_1.gif会場地図
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・受講料

参加無料

参加対象・人数

法科大学院生/法科大学院修了生向け

内容

司法過疎地・日本司法支援センター(法テラス)スタッフ弁護士・公設事務所(ひまわり基金法律事務所)弁護士等に関する説明会・質疑応答等
※説明会は実際に司法過疎地で働いていた弁護士が担当し、法テラスに関する説明や、司法過疎地で働く場合の日弁連からの各種援助制度、仕事のやりがいや苦労等についてご説明いたします。

 

icon_pdf.gifチラシ(PDFファイル;201KB)

申込方法

資料準備の都合上、できるだけ開催日前日(9月17日)までに、氏名・メールアドレス・法科大学院名・学年を記載いただき、下記メールアドレス宛てにご連絡ください。

 

【申込先メールアドレス】
staff-info@nichibenren.or.jp (業務第二課)
(※スパム対策として、@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信してください。)
※当日参加も可能です。

主催 日本弁護士連合会
問い合わせ先 日弁連業務部業務第二課
03-3580-9942(直)/staff-info@nichibenren.or.jp
(※スパム対策として@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信してください。)

個人情報取り扱いについての記載:
当ガイダンスの申込みに当たってご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理し、当ガイダンスに関する連絡のみに使用いたします。