一般社団法人広島平和構築人材育成センター・日本弁護士連合会主催 セミナー「なぜ国際機関は法律家を求めるのか?」~平和構築人材育成事業や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)の経験から語る~

 

【お詫び】
小尾尚子UNHCR駐日事務所副代表(法務担当)の出席を予定しておりましたが、急遽都合により欠席となりました。つきましては、プログラムの一部を変更させていただきます。
引き続き、多くの皆様に御参加をいただきたく、改めてお願い申し上げます。

 

 

本セミナーでは、法律の専門的実務・学位を国際協力業務でのキャリア発展に活かしたい方、あるいは国際協力業務でのキャリア発展に関心があり効果的に法律の知識・業務経験を得ていきたい方などを対象にセミナーを行います。なぜ、どのように、国際機関が法律家を求めているのかを実例をもとにして考えた後、少人数ワークショップ形式の議論を導入し、具体的なキャリア状況に応じた法務経験・知識の必要性を活かし方・取得の仕方などについて話し合っていきます。参加者からの質問について語り合う時間も用意します。

将来国際分野で活躍するための第一歩として、是非奮って御参加ください。

日時

2013年6月5日(水) 18時30分~20時

場所

弁護士会17階1701会議室→会場地図
(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費

無料

申込方法 

先着順事前申込み制
必要事項(お名前・登録番号《会員のみ》・御所属・電話番号・FAX番号)をメール、又は以下の申込書に御記入の上FAXにてお申込みください。
※御参加いただけない場合のみ、お知らせいただいた連絡先(メール又はFAX)へ御連絡を差し上げます。

 

 

【申込メールアドレス】kokusai-shushoku@nichibenren.or.jp

(スパム対策として@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信してください。)
※件名に【6月5日セミナー希望】と記載してください。

 

PDFチラシ兼申込書(PDFファイル;40KB) 

 

 

<テレビ会議での参加について>
地方弁護士会よりテレビ会議での参加を希望する弁護士の方は、申込書の「テレビ会議での参加」欄に接続を希望する弁護士会を御記入願います。接続について、日弁連事務局より御連絡させていただきます。

主な参加対象  弁護士、法科大学院修了生、法科大学院生、大学生等 
講師(予定)

・篠田 英朗 氏

東京外国語大学教授。広島平和構築人材育成センター副理事・プログラムオフィサー/事務局長代行。立ち上げ時 から6年間にわたり外務省委託「平和構築人材育成事業」の実施組織責任者として運営にあたる。『平和構築と法の支配』(大佛次郎論壇賞)、『「国家主権」という思想』(サントリー学芸賞)など、共著書論文多数。

 

・デスモンド・モロイ 氏

(広島平和構築人材育成センター[平和構築人材育成事業]コースメンター)(アイルランド軍退役後、国連職員としてアフリカ、アジア、ヨーロッパにて勤務。シエラレオネ、ハイチ、ネパール等では国連機関においてDDR[武装解除・動員解除・社会再統合]の指揮の経験をもつ。大学等での講演・研修講師経験も豊富な平和構築の専門家。)

 

・ 大川秀史 弁護士

2011年度平和構築人材育成事業本コース研修員、UNHCRコソボ事務所にて、難民保護官補として勤務、日弁連国際室幹事(元嘱託)。

内容(予定)  18時30分~18時50分 イントロダクション「なぜ平和構築において法律家が求められるのか?」
18時50分~19時40分 パネルディスカッション・ワークショップ
19時40分~20時00分 質疑応答
主催  一般社団法人広島平和構築人材育成センター、日本弁護士連合会 
問合せ先

日本弁護士連合会 企画部国際課 
TEL:03-3580-9741 
FAX:03-3580-9840
一般社団法人広島平和構築人材育成センター
TEL:082-236-1414

  御提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会のプライバシーポリシーに従い厳重に管理致します。この個人情報に基づき、日本弁護士連合会もしくは日本弁護士連合会が委託した第三者より、シンポジウム等のイベントの開催案内、書籍の御案内その他当連合会が益であると判断する情報を御案内させていただくことがあります。なお、個人情報は、統計的に処理・分析し、その結果を個人が特定されないような状態で公表することがあります。また、本票記載の個人情報を日本弁護士連合会から一般社団法人広島平和構築人材育成センターに提供します。
以上について同意をいただいた上でお申し込みください。