自由と正義 2016年Vol.67 No.3[3月号]

原発事故被災者の救済に向けての課題
紛争解決の新たな潮流 ~交渉・調停・和解

  • ひと筆
    • 5 原点に還る   大久保 晋吾
  • 特集1 原発事故被災者の救済に向けての課題
    • 8 原発事故5年を経た現状と課題 ~原発事故被災地は今~   渡辺 淑彦
    • 15 原紛センターにおける賠償の現状と課題   秋山 直人
    • 21 福島復興の加速と被害者の救済~2017年3月の避難指示解除の政府方針を考える~ 二宮 淳悟
    • 27 汚染水対策に見る福島事故処理の問題点-恒久的遮水壁の構築が急務-   浅岡 顕
  • 特集2 紛争解決の新たな潮流 ~交渉・調停・和解
    • 34 紛争解決のための紛争解決学―和解という知恵―   廣田 尚久
    • 39 「法的対話」再考-対話する弁護士   大澤 恒夫
    • 45 調停モデルと調停の進め方-自主交渉援助型調停と同席調停   稲葉 一人
    • 53 調停人の態度のトレーニング   入江 秀晃
    • 58 同席調停の合意に関する私感   レビン小林 久子
  • 連載 法曹人の新しいフィールド(第56回)
    • 62 経済協力開発機構(OECD)競争課における業務   小川 聖史
  • 連載 海外レポート(第101回)
    • 64 中華全国律師協会との友好協定に基づく『日中知的財産権法比較検討会』セミナーについて   池内 稚利
  • 連載 リレーエッセイ公設事務所だより「津々浦々にひまわりの花を」(第118回)
    • 66 バイオマスタウン真庭から[真庭ひまわり基金法律事務所]   杉原 浩介
  • 連載 弁護士任官の窓(第99回)
    • 69 自分ができることを誠実に   寺澤 真由美
  • 連載 弁護士のための新法令紹介(第403回)
    • 70 不正競争防止法の一部を改正する法律(平成27年法律第54号)   衆議院法制局
  • BOOK REVIEW
    • 76 伊藤滋夫著『要件事実の基礎―裁判官による法的判断の構造 新版』   高須順一
      荻上チキ・浜井浩一著『新・犯罪論 「犯罪減少社会」でこれからすべきこと』   田原 裕之
  • 資料
    • 77 日本弁護士連合会臨時総会報告
  • 報告 第58回人権擁護大会シンポジウム
    • 78 第1分科会「女性と労働~貧困を克服し、男女ともに人間らしく豊かに生活するために」   丹羽 聡子
    • 81 第2分科会「「成年後見制度」から「意思決定支援制度」へ ~認知症や障害のある人の自己決定権の実現を目指して~」   井上 計雄
    • 84 第3分科会「放射能とたたかう~健康被害・汚染水・汚染廃棄物」   笠原 一浩
  • 報告 第6回人権関連委員長会議
    • 88 第6回人権関連委員会委員長会議の開催   秋山 淳
    • 91 弁護士名簿登録・登録換え・登録取消し・弁護士法人名簿等
    • 107 懲戒処分公告
    • 114 日弁連研修情報
    • 117 研修カレンダー
    • 119 倫理研修カレンダー『2015年度弁護士会等倫理研修(日弁連みなし倫理研修)一覧』
    • 123 2015年度新規登録弁護士研修実施予定一覧
    • 136 次号案内・編集後記