自由と正義 2014年Vol.65 No,7[7月号]

刑事施設医療の現状と改革への道すじ
東京地方裁判所における破産管財人業務について―平成25年度破産管財人等協議会

  • ひと筆
    • 5 ロックバンドのある生活   井上 健二
  • 特集1 刑事施設医療の現状と改革への道すじ
    • 8 「矯正施設の医療の在り方に関する報告書」について   冨澤 一郎
    • 14 刑事施設医療の抜本的改革に向けての日弁連の取り組み   田原 裕之
    • 22 フランスの刑事施設医療改革にまなぶ―刑務所に市民社会を巻き込む―   海渡 雄一/青木 和子
    • 30 刑務所における医療実践を通じて―『常勤医師の不在』という問題について   小高 満
  • 特集2  東京地方裁判所における破産管財人業務について―平成25年度破産管財人等協議会
    • 35 東京地方裁判所民事第20部(破産再生部)の概況説明   樋口 正樹
    • 39 財団形成について―事例から―   竹村 葉子
    • 46 犯罪捜査と破産管財業務―法務検察・警視庁との協力関係―   岩崎 晃
    • 53 破産管財人による事業継続と事業譲渡   笠井 直人
  • 連載 法曹人の新しいフィールド(第37回)
    • 62 モンゴルおよびカンボジアの2か国に赴任して   磯井 美葉
  • 連載 海外レポート(第81回)
    • 64 インドネシア訪問記~弁護士会と最高裁を中心に~   丹羽 明子
  • 連載 公設事務所リレーエッセイ~津々浦々にひまわりの花を(第108回)
    • 66 つがるひまわり基金法律事務所   横山 友子
  • 連載 弁護士任官の窓(第79回)
    • 69 弁護士任官記   中尾 隆宏
  • 連載 弁護士のための新法令紹介(第383回)
    • 70 自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(平成25年法律第86号)   衆議院法制局
  • 第64回“社会を明るくする運動”に寄せて
    • 77 犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラ   久保 貴
  • 連載 憲法リレートーク(第34回)
    • 81 シンポジウム「集団的自衛権と憲法―『積極的平和主義』を問う」
      講演「安倍内閣の集団的自衛権行使容認を問う」   北澤 俊美
  • 連載 日弁連推薦留学生報告(第6回)
    • 87 到達可能な最高水準の健康に対する権利を原子力発電所関連訴訟において主張する可能性   北川 靖之
  • BOOK REVIEW
    • 94 子どもの人権研究会 編『いま、子どもの人権を考える-いじめ、虐待・体罰、被害者、少年事件、家族』   高橋 春菜
    • 95 布川 玲子・新原 昭治 編著『砂川事件と田中最高裁長官―米解禁文書が明らかにした日本の司法』   長尾 龍一
    • 96 武内 謙治 編著『少年事件の裁判員裁判』   服部 朗
  • 資料
    • 97 第26回司法シンポジウムの開催に向けて
    • 100 弁護士名簿登録・登録換え・登録取消し・弁護士法人名簿等
    • 107 懲戒処分公告
    • 115 日弁連研修情報
    • 117 研修カレンダー
    • 119 倫理研修カレンダー『2014年度弁護士会等倫理研修(日弁連みなし倫理研修)一覧』
    • 123 2014年度日弁連夏期研修一覧
    • 136 次号案内・編集後記