自由と正義 2014年Vol.65 No,11[11月号]

弁護士の視点から振り返る法制審刑事司法制度特別部会
多重債務問題の今~カジノ解禁問題と貸金業法規制緩和の動き

  • ひと筆
    • 5 三つ子の育児奮戦記(続編)   竹原 大輔
  • 特集1 弁護士の視点から振り返る法制審刑事司法制度特別部会
    • 8 刑事司法制度改革の経過と展望   神 洋明
    • 15 スチームローラーが動きはじめる~可視化制度化の意義と実践的展望   小坂井 久
    • 22 新制度によって予想される刑事弁護の変化ととるべき対応   秋田 真志
    • 29 委員が振り返る法制審刑事司法制度特別部会   宮﨑 誠/小野 正典/青木 和子
  • 特集2 多重債務問題の今~カジノ解禁問題と貸金業法規制緩和の動き
    • 32 貸金業者の上限金利規制、総量規制緩和の動きと、貸金業法改正の成果の検証   井原 真吾
    • 40 賃金業法改正問題、多重債務問題等をめぐる世界の議論   和田 聖仁
    • 48 「特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律案」(いわゆる「カジノ解禁推進法案」)の問題点   新里 宏二
    • 56 カジノ解禁と反社会的勢力排除   鶴巻 暁
  • 連載 弁護士任官の窓(第83回)
    • 61 非常勤裁判官Diary「自由と正義」編   小森 正悟
  • 連載 法曹人の新しいフィールド(第41回)
    • 62 実例で語る企業法務の多様性―ソフトバンクホークスに魅せられて   金子 順事
  • 連載 海外レポート(第85回)
    • 64 韓国の法廷通訳制度に関する調査報告   栗林 亜紀子
  • 連載 リレーエッセイ・公設事務所だより「津々浦々にひまわりの花を」(第110回)
    • 67 浦河ひまわり基金法律事務所   葉山 裕士
  • 連載 弁護士のための新法令紹介(第387回)
    • 70 特許法等の一部を改正する法律(平成26年法律第36号)   衆議院法制局
  • 寄稿
    • 76 あなたは坂本弁護士事件を知っていますか?―あれから25年、最悪の業務妨害を忘れない―   瀧澤 秀俊
  • BOOK REVIEW
    • 81 三宅 弘 著『原子力情報の公開と司法国家―情報公開法改正の課題と展望』   右崎 正博
    • 82 大谷 恭子 著『共生社会へのリーガルベース―差別とたたかう現場から』   打越 さく良
    • 83 北島 敬之・淵邊 善彦 編著『超実践 債権保全・回収バイブル―基本のマインドと緊急時のアクション』   田中 幸弘
  • 資料
    • 84 平成26年度関東弁護士会連合会定期弁護士大会決議
    • 85 弁護士名簿登録・登録換え・登録取消し・弁護士法人名簿等
    • 89 懲戒処分公告
    • 106 日弁連研修情報
    • 108 研修カレンダー
    • 111 倫理研修カレンダー『2014年度弁護士会等倫理研修(日弁連みなし倫理研修)一覧』
    • 115 2014年度新規登録弁護士研修実施予定一覧
    • 128 次号案内・編集後記