自由と正義 2013年Vol.64 No,12[12月号]

犯罪被害者支援―現状と今後の展望
国際司法裁判所の実像

  • ひと筆
    • 5 常識に囚われる私たち―遺体写真の裁判員への負担問題を契機として―   亀井 正照
  • 特集1 犯罪被害者支援―現状と今後の展望
    • 8 犯罪被害者支援へのお誘い   山本 剛
    • 12 被害者参加制度・損害賠償命令の現状と課題   武内 大徳/山崎 勇人
    • 16 民間支援団体「特定非営利活動法人全国被害者支援ネットワーク」の成り立ちと活動状況について   芦塚 増美
    • 22 性暴力被害者の支援最前線   長谷川 桂子/望月 晶子
    • 29 北欧における犯罪被害者庁について―ノルウェーの市民庁・犯罪被害者支援政策を中心として   齋藤 実
  • 特集2 国際司法裁判所の実像
    • 34 国際司法裁判所の概要   河野 真理子
    • 45 国際司法裁判所による裁判手続の規律   酒井 啓亘
    • 55 国際司法裁判所の発展と今後の課題―グローバル化した世界における国際法秩序と国内法秩序   小和田 恆
  • 連載 法曹人の新しいフィールド(第30回)
    • 66 企業の法務部門の戦略的重要性と「ゼネラル・カウンセル」   伊藤 ゆみ子
  • 連載 海外レポート(第74回)
    • 68 イングランドのいじめ対策   平尾 潔
  • 連載 スタッフ弁護士奮闘記~道しるべになりたくて~(第39回)
    • 70 法テラス八雲法律事務所   森田 了導
  • 連載 弁護士任官の窓(第72回)
    • 72 非常勤裁判官の勧め   平林 拓也
  • 連載 弁護士のための新法令紹介(第376回)
    • 73 いじめ防止対策推進法(平成25年法律第71号)   衆議院法制局
  • 連載 日弁連推薦留学生報告(第4回)
    • 82 アメリカにおける修復的司法の実践状況―主に少年の処遇にかかる取り組みについて   中島 千絵美
  • 寄稿
    • 90 韓国の法曹養成制度   武井 康年
    • 98 面会室内における写真撮影及び録音について   山口 健一・安元 隆治
  • BOOK REVIEW
    • 105 金子 勝 著「憲法の論理と安保の論理」   澤藤 統一郎
    • 106 泉 徳治 著「私の最高裁判所論―憲法の求める司法の役割」   市川 正人
    • 107 久保利 英明 著「日本改造計画―ガバナンスの視点から」   山田 秀雄
    • 108 日本弁護士連合会法科大学院センターローヤリング研究会 編「法科大学院におけるローヤリング教育の理論と実践」   宮川 光治
  • 資料
    • 109 第67回中国地方弁護士大会宣言・決議・議題
    • 112 中部弁護士会連合会第61回定期弁護士大会宣言・決議
    • 114 弁護士名簿登録・登録換え・登録取消し・弁護士法人名簿等
    • 118 懲戒処分公告
    • 127 日弁連研修情報
    • 130 研修カレンダー
    • 136 倫理研修カレンダー『2013年度弁護士会等倫理研修(日弁連みなし倫理研修)一覧』
    • 140 2013年度新規登録弁護士研修実施予定一覧
    • 141 自由と正義第64巻<2013年1月号~12月号>総目次
    • 158 次号案内・編集後記