世界弁護士会便覧 北米

アメリカ

米国法曹協会(American Bar Association)は、1878年に設立された全国規模の任意加入団体。会員数は、413,700名(2007年)。同弁護士会の運営機関には、59 の州と属領の弁護士会及び 68 の大都市、郡の弁護士会の代表が参加している。米国全域には何百もの都市、郡及び特定分野の弁護士会がある。これらは全て同弁護士会から独立した団体であるが、司法の運営及び公益活動に関して同弁護士会にその主導権を託している。懲戒については、損害賠償請求をする民事訴訟ではなく弁護士業務の停止を求める場合、弁護士に対する懲戒申立ての調査及びその訴追に関しては、各州が通常その最高位の裁判所の命令により設けた専門機関が行う。この機関は、違法行為の申立てを調査し、調査委員がその違法行為が行われたと信ずる合理的根拠を確立した事件の訴追を行い、当該弁護士に課すべき処分についての助言を行う。日弁連は、同協会と2006年に友好協定を締結した。

 

米国各州の弁護士会等の情報

カナダ

カナダには、各州、準州に弁護士の指導・管轄機関である弁護士会(ローソサエティー)が存在する。ケベック州には、ケベック州弁護士会(Barreau du Quebec)と公証人協会(Chambredes notaires)の2 つの専門家団体が存在する。各州、準州の弁護士が一般人に法律サービスを提供するには、カナダの弁護士会(ローソサエティー)の会員でなければならない。各州、準州の弁護士会は、弁護士が合法的かつ弁護士倫理に従って業務を行うよう努める義務を負い、これらの基準を満たさない弁護士の懲戒を行うことができる。カナダ弁護士連合会(Federation of Law Societies of Canada)は各州、準州の弁護士会の連合体であり、1972年に設立された。
カナダ法曹協会(Canadian Bar Association)は、1896年に設立された全国規模の団体で、任意加入。2005年1月1日現在、ニュー・ブランズウィック州のみが同協会への入会を義務付けている。会員数は、38,000名(2007年)。カナダで業務を行っている弁護士の約3分の2が会員である。