真庭ひまわり基金法律事務所(岡山県)

所在地 〒719-3201 岡山県真庭市久世2511-6
TEL 0867-44-1251
FAX 0867-44-1252
Webサイト icon_page.pnghttp://www.maniwa-himawari.com/
外観

 

開設

2011年3月

 

所長

  • 初代所長 
    森井 基嗣 2011年3月~ 2014年2月
  • 2代目所長
    杉原 浩介 2014年3月~2017年3月
  • 3代目所長
    高谷  敦 2017年3月~

人口

  • 岡山地方裁判所津山支部勝山簡易裁判所管内人口・・・49,921名(2010年10月1日現在)

交通

  • 公共交通機関:JR姫新線 久世駅より徒歩3分、中鉄北部バス 久世駅前停留所より徒歩1分
  • 自動車:岡山市中心部から約1時間10分(高速道路利用)、津山市中心部から約40分

取扱事件

一般民事事件全般(交通事故、債務整理、破産、消費者問題等を含む)、家事事件全般(親子関係、成年後見等を含む)、刑事事件全般(少年事件、犯罪被害者支援等を含む)、労働事件全般

 

地域の特色

受付

相談室

真庭ひまわり基金法律事務所が開設されている真庭市は、岡山地方(家庭)裁判所津山支部及び勝山簡易裁判所の管轄地域です(なお、真庭市南部の一部の地域は岡山地裁本庁及び高梁簡裁の管轄です。)。

真庭市は、人口約5万人で、岡山県北部のほぼ中央に位置します。北は鳥取県に隣接しており、東西に約30キロメートル、南北に約50キロメートルの広がりがある岡山県内でも面積の広い市です。

真庭市には、「美作三湯」の1つの湯原温泉郷や、大山隠岐国立公園の一部である蒜山高原があり、リゾート地としても有名です。また、勝山簡裁の近くには、旧武家屋敷や白壁の街並みが残っており、出雲街道の要衝地として繁栄した歴史を楽しむこともできます。この他にも真庭市内の観光地としては、県下一の巨木と伝えられる醍醐桜、日本最古の鍾乳洞といわれる備中鐘乳穴(びっちゅうかなちあな)や、日本百景にも指定されている神庭(かんば)の滝などがあります。

名産品も多く、蒜山高原が日本最大のジャージー牛の産地として有名で、牛乳やヨーグルトを始め様々な新鮮な乳製品が味わえます。また、岡山を代表する日本酒の蔵元が真庭市にあることから日本酒の産地としても知られています。さらに、2011年のB級グルメの大会でゴールドグランプリに選ばれた「ひるぜん焼きそば」も人気で県内外から観光客を集めています。その他、独特な食感の落合羊羹も名産品として有名です。


 

杉原弁護士から事務所の紹介

真庭ひまわり基金法律事務所は、2011年に開設され、私が2代目の所長になります。

前所長がこれまで築き上げてこられた地域の皆様との信頼関係や諸機関との連携関係を維持し続け、さらに真庭市をはじめ岡山県北の市民の皆様により充実した司法サービスを提供し、市民に寄り添った身近で敷居の低い法律事務所を目指して、精一杯尽力して参る所存です。