人権擁護委員会ニュースからの話題

「人権を守る」

日弁連人権擁護委員会では、委員会ニュース「人権を守る」を年に4回発行しています。


人権問題に対する日弁連のこれまでの取り組みの一部をご紹介するとともに、本ニュースを通じて、人権問題への理解にお役に立てていただければ幸いです。

 


発行年月 項目 データ

2021年3月

87号

最高裁が照らした希望の光 袴田事件再審請求棄却を取り消し審理差戻しへ

PDFファイル87号 (PDFファイル;6.3MB)

新型コロナウイルス感染症に伴う人権問題へ適確に対応するために 

~全国人権擁護委員会委員長会議を開催~

「国民的再審請求」を目指して ~菊池事件熊本地裁に再審を請求~

水俣病互助会訴訟 福岡高裁判決に係る意見交換会を開催

第63回人権擁護大会シンポジウム第1分科会実行委員会による「精神科病院への入院体験を有する方々への実態アンケート調査」報告会を開催

法廷内での手錠・腰縄使用問題についての勉強会を開催

受刑者の身体検査には羞恥心を害さないような配慮を 

~刑務所内における身体検査に関する人権救済申立事件(勧告)~

「新型コロナウイルスと偏見・差別・プライバシー侵害ホットライン」を実施

訂正とお詫び

編集後記


バックナンバー

過去に発行したニュースは、「人権を守る」バックナンバーからご覧ください。

 


人権を守る52号 故・日隅一雄会員へのインタビュー

2012年6月に発行した人権ニュース第52号では「大震災と人権・この危機にこそ情報の国民主権を-政府・東電の記者会見に通い続けて」と題し、がんと闘いながら、原発事故直後から延べ100回以上にわたって東京電力と政府の記者会見に通い続け、2012年6月12日に亡くなった、故・日隅一雄会員のインタビューを掲載しました。

 

ニュース掲載にあたっては、紙面の都合上、インタビューの一部しか掲載できなかったことから、この度、人権擁護委員会ニュース編集委員会において、インタビュー全体の内容を整理し、公開することとしました。

 

座談会 弁護士会の人権活動はいま-曲がり角での課題と指針-」報告集

人権擁護委員会では、日弁連新聞に折り込む委員会ニュースを定期的に発行しています。


2009年12月に発行した人権ニュース第42号では「座談会 弁護士会の人権活動はいま -曲がり角での課題と指針-」(2009年10月2日開催)の模様の一部を掲載しましたが、この度、同委員会人権ニュース編集委員会において、座談会全体の内容を反訳・整理し、報告集を作成しました。