放課後児童支援員の資格及び配置員数に関する「従うべき基準」の堅持を求める意見書

 

2018年12月21日
日本弁護士連合会

 

本意見書について

日弁連は、2018年12月21日付けで「放課後児童支援員の資格及び配置に関する「従うべき基準」の堅持を求める意見書」を取りまとめ、同月25日付けで、内閣総理大臣、厚生労働大臣、文部科学大臣、総務大臣宛てに提出しました。




(※本文はPDFファイルをご覧ください)