少年法における「少年」の年齢を18歳未満とすることに反対する意見書

 

2018年11月21日
日本弁護士連合会

 

本意見書について

日弁連では、2018年11月21日付けで「少年法における『少年』の年齢を18歳未満とすることに反対する意見書」をとりまとめ、27日付けで法務大臣及び法制審議会少年法・刑事法(少年年齢・犯罪者処遇関係)部会長宛てに提出しました。



(※本文はPDFファイルをご覧ください)