租税訴訟における裁判所調査官制度の廃止を求める意見書

 

2018年9月20日
日本弁護士連合会

 

本意見書について

当連合会は、2018年9月20日付けで「租税訴訟における裁判所調査官制度の廃止を求める意見書」を取りまとめ、2018年9月27日付けで最高裁判所に提出しました。


本意見書の趣旨

租税に関する事件の裁判に関して、調査を行うために地方裁判所に調査官(以下「租税調査官」という。)が設置されているが、租税調査官制度は速やかに廃止すべきである。



(※本文はPDFファイルをご覧ください)