国会における障害を理由とする差別の解消を求める意見書

 

2018年7月12日
日本弁護士連合会

 

本意見書について

日本弁護士連合会は、この度、「国会における障害を理由とする差別の解消を求める意見書」を取りまとめ、2018年7月17日付けで、衆議院議長及び参議院議長に提出いたしました。


本意見書の趣旨

国会は、障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律において、国会における障害を理由とする不当な差別的取扱いの禁止及び合理的配慮義務を定める規定を速やかに設けるべきである。




(※本文はPDFファイルをご覧ください)