「原子力利用に関する基本的考え方(案)」に対する意見書

 

2017年5月25日
日本弁護士連合会

 

本意見書について

日本弁護士連合会は、2017年5月25日付けで「原子力利用に関する基本的考え方(案)」に対する意見書を取りまとめ、内閣府原子力委員会に提出しました。

 

本意見書の趣旨

原子力委員会は、今後の原子力利用の長期的な方向性を示唆する「原子力利用に関する基本的考え方」を策定するとして、2017年4月27日に、「原子力利用に関する基本的考え方(案)」(以下「考え方」という。)を公表し、意見を募集中である。

当連合会は、これまでに、2012年2月10日付け「新しいエネルギー基本計画に向けた意見」等において、福島第一原発事故を踏まえ、今後の原子力利用の在り方について意見を述べてきたところであり、これらの意見に基づき、考え方について、意見を提出する。


 

(※本文はPDFファイルをご覧ください)