産業構造審議会知的財産分科会意匠制度小委員会報告書「画像デザインの保護の在り方について」(案)に対する意見書

 

 

2016年1月14日
日本弁護士連合会

 

 

 

本意見書について

産業構造審議会知的財産分科会意匠制度小委員会では、昨今の情報技術の急速な進展によるスマートフォンやタブレット端末の普及を受けて、事後的に記録された 画像やソフトフェアをインストールすること表示される画像等を意匠権保護の対象として拡充することが検討されてきました。

 

この度、同小委員会の報告書案が取りまとめられ、意見公募に付されました。当連合会はこれに対する意見書を取りまとめ、2016年1月14日付けで特許庁に提出いたしました。

 

本意見書の趣旨

1 報告書案が、現行意匠法の枠組みの下での意匠審査基準の改訂という、当面の対応策的色彩の強いものであるとはいえ、画像デザインの保護拡充に向けて一歩を踏み出したことに賛意を表する。

 

2 画像デザインについては、意匠の登録要件をどのように整理するかという点と併せて、画像デザインを含む意匠にかかる意匠権の効力や実施行為をどう解釈するかも視野に入れた総合的な検討を進めるべきである。

 

3 情報通信技術の目覚ましい発展が進む中、画像デザインの保護の在り方について速やかに方向性が定まるよう、引き続き精力的な検討を進めることを求める。

 

 

(※本文はPDFファイルをご覧ください)