四国 徳島弁護士会

徳島弁護士会

〒770-0855 徳島市新蔵町1-31
TEL 088-652-5768
FAX 088-652-3730
URL icon_page.pnghttp://tokuben.or.jp/

 

徳島弁護士会のご紹介

  1. 修習生の皆さん、こんにちは。皆さんもご承知のように、国を挙げて市民に開かれた司法を目指す司法改革が行われてきました。市民に開かれ、市民が身近で利用しやすい司法を実現するためには、日本中どこにいてもすぐに司法サービスが受けられなければなりません。そのような理念のもとに行われた司法改革により、弁護士人口は増加してきています。徳島弁護士会も2000年に53人だった会員が、今では90人を超えています。近時の特徴は、徳島県以外の出身の方が弁護士登録することが多くなったということです。ようやく修習生の目が地方にも向けられ始めたようです。
    徳島県の弁護士会、弁護士の活動状況についてご紹介いたします。
  2. 徳島県は、四国の東部に位置し、山、川、海といった自然環境に恵まれたところです。特に、吉野川は四国三郎の名で全国的に有名ですし、淡路島との間の鳴門海峡の雄大な渦潮のことを見聞きした方もいると思います。また、文化、芸能の面でも阿波の人形浄瑠璃がありますし、特に阿波踊りは全国的に知られています。
  3. 徳島地方裁判所は、徳島市に本庁、県西部の美馬市と南部の阿南市にそれぞれ支部があります。美馬・阿南両支部は、以前は、いわゆるゼロワン支部となっていましたが、日弁連のひまわり基金を利用した公設事務所が両支部に相次いで開設されるなどし、2006年にはゼロワン支部の解消がなされ、現在では、美馬・阿南の各支部でそれぞれ数名の弁護士が活動しています。そのほか県西部の三好市には徳島池田簡易裁判所、県中央部には吉野川簡易裁判所、県北東部には鳴門簡易裁判所、県最南部には牟岐簡易裁判所があり、牟岐簡易裁判所の管轄区域以外では弁護士事務所が開設されています。
     
    また、徳島弁護士会は、2006年に徳島地方裁判所の向かいに5階建ての徳島弁護士会館を建設しました。同会館では月曜から土曜まで法律相談を実施しています。
  4. 当会がこれまで行ってきた活動や各委員会の活動などについてご紹介させていただきます。当会は、会員数からみると決して大きな会ではありませんが、委員会活動は伝統的に活発です。委員会には、人権擁護委員会、子どもの人権保護委員会、消費者問題対策委員会、民事介入暴力被害者救済センター、犯罪被害者支援センター、公害対策・環境保全委員会などがあります。
     
    人権擁護委員会では、人権救済の申立てを受け、調査の結果、人権侵害の事実が認められれば、要望、勧告、警告等を行います。受刑者からの申立ても多く、担当委員は刑務所への調査や検討を行い、担当委員からの報告を受けて、委員会において方針について議論しています。

    子どもの人権保護委員会では、児童相談所や家庭裁判所と協議会を行ったりしています。

    消費者問題対策委員会では、無料相談会を実施することがあるほか、消費者被害について県の消費者情報センターと定期的に研究会を持ち、現状の把握や意見交換、同センターの行う法律相談への委員の派遣などを行っています。また、集団の消費者事件が発生した場合には、相談会や説明会を主催し、必要があれば被害対策弁護団を立ち上げ、当委員会の委員がその中心メンバーとなって示談、調停、訴訟等を行っています。過去には、保険外交員による集団詐欺事件、通販会社の経営者による集団被害事件、共済商品などの販売による集団詐欺事件などが発生していますが、被害が広範囲かつ多額に及ぶこともあり、マスコミでも大きく取り上げられました。いずれも和解、判決等により、一定の被害回復を図ることができました。
     
    民事介入暴力被害者救済センターでは、県警、暴追センターとの協議会や相談会を定期的に行い、民事介入暴力事案があれば、当センターの委員が法的手続きを行うといった活動をしています。これまで、いくつかの組事務所の使用差止めや、組長を相手にした損害賠償請求の事案では示談で解決しており、また、暴対法32条の4に基づいて暴追センターが適格団体として組事務所を明け渡しに追い込んだ事案もあり、この事案にも当センターの委員が関与しておりました。
     
    犯罪被害者支援センターは、犯罪被害者にもっと目を向けなければならないという見地から発足した委員会です。最近では、県警、徳島被害者支援センター、配偶者暴力相談支援センターと協議会を実施するなど、関係機関との連携を図っています。

    さらに、徳島弁護士会には、当会にしかない阿波踊り委員会があります。毎年8月のお盆に徳島市で行われる阿波踊りには、「ひまわり連」を結成し、踊っています。この日ばかりは弁護士もみな「踊る阿呆」になりきります。「ひまわり連」には当会の会員でない弁護士や修習生も参加できます。徳島配属の修習生は毎年参加しています。
  5. 当会に興味関心のある方は、徳島弁護士会(TEL088-652-5768 FAX088-652-3730)までご連絡下さい。また、当会では icon_page.pngホームページも開設していますのでぜひご覧下さい。