中国 中国地方弁護士会連合会

中国地方弁護士会連合会

〒730-0012 広島市中区上八丁堀2-73 広島弁護士会内
TEL 082-228-0230
FAX 082-228-0418

 

1 中弁連について

中国地方弁護士会連合会(以下「当連合会」といいます。)とは、広島高等裁判所の管轄区域内にある5つの弁護士会(広島弁護士会、岡山弁護士会、山口県弁護士会、島根県弁護士会、鳥取県弁護士会)によって構成されている団体です。平成28年6月1日現在の各単位会の所属人数は、広島弁護士会561名、山口県弁護士会163名、岡山弁護士会380名、鳥取県弁護士会66名、島根県弁護士会78名の合計1248名です。

 

2 弁連大会について

さて、当連合会最大イベントといえは、毎年秋に開催される定期大会です。各単位会持ち回りで、今年度は鳥取市で開催されます。

 

午前中のシンポジウムでは、時機や開催地に即した、弁連として取り組むべきテーマについて議論がなされ、一般参加者も例年多数出席されます。今年度(平成28年度)のシンポジウムテーマは「司法面接と他機関連携 -子どもの話を聴くために-」となっております。

 

午後の大会では、当連合会の気風を最もよく知ることができます。当連合会の大会は、ベテラン、若手の区別のない自由闊達な議論がいつも展開され、大いに議論白熱し、例年、会場から予定外の質問や意見が飛び出し、修正動議が提案されることもあります。さらに、採決においても賛否が激しく拮抗することもあります。これは、誰もが自分の意見を述べ合い、議論の中でよりよい結論を導き出そうという努力を惜しまない当連合会のよき伝統です。

 

もっとも、こうした事態のために、しばしば大会は予定時間内に収まらないということが生じています。

 

この当連合会の大会の特徴は、日弁連理事の方々においても、関心事であると聞き及んでいます。

 

そして、こうしたシンポジウムや大会、大会翌日の観光等の企画・準備や実施・運営に至るまで、定期大会の実施に欠かせない活躍をしていただいているのが開催地単位会の若手弁護士の方々です。

 

3 「かがやき」について

当連合会では、年2回、会報「かがやき」を発行しています。「かがやき」では、毎回、各単位会の共通した課題や取組みを取り上げており、隣接する他単位会の動向を知ることができます。

 

また、「かがやき」では逐次、新人弁護士紹介コーナーが設けられており、新入会員の方を、管内の他の弁護士にも、当連合会の新しい仲間として紹介しています。

 

4 理事会、委員会活動等について

当連合会には、理事会の他、人権擁護委員会、子どもの権利委員会、民事介入暴力対策委員会、研修委員会、消費者問題対策委員会、公害対策委員会、刑事弁護センター委員会、民事訴訟法問題に関する連絡協議会、国際委員会、高齢者・障害者の権利に関する委員会、弁護士任官適格者選考委員会、広報・編集委員会、公設事務所・法律相談センター委員会、市民のための法教育委員会、支部問題協議会、死刑廃止等を検討する委員会、法曹養成制度検討プロジェクトチーム、犯罪被害者の支援に関する委員会、共謀罪問題対策連絡協議会、両性の平等に関する委員会及び災害復興支援に関する委員会があります。

 

理事会は年7回開催され、その他の委員会等は必要に応じて適宜開催されています。地理的に離れた中国5県の多忙な弁護士が一堂に集まるのは困難なため、テレビ会議システムやメーリングリストを活用したを用いた情報交換や議論を行い、活発に活動しています。

 

5 公設事務所

当連合会管内には、

 

萩ひまわり基金法律事務所(山口県萩市)、
真庭ひまわり基金法律事務所(岡山県真庭市)、
益田ひまわり基金法律事務所(島根県益田市)、
石西ひまわり基金法律事務所(島根県益田市)、
隠岐ひまわり基金法律事務所(島根県隠岐郡隠岐の島町)

 

の5つの過疎地型公設事務所があり、所長交代時期には意欲のある弁護士が新たな所長になることが期待されています。

 

また、公設事務所の設置が要請されているのは、弁護士過疎地域ばかりではありません。都市部においても、弁護士任官の基盤事務所として、そして過疎地公設事務所派遣弁護士の養成所として、さらには公益的事件を積極的に引き受ける事務所として、公設事務所の存在が必要であり、当連合会管内にも、

 

岡山パブリック法律事務所(岡山市)
広島みらい法律事務所(広島市)

 

が設立されています。

 

それぞれの公設事務所に対し、当連合会は、地元単位会とともにできるかぎりの支援を続けていきたいと考え、活動しています。

 

6 修習生の方々へ

当連合会には会員数550名を超える中規模単位会から会員数60名台の小規模単位会まで、多様な単位会、多様な弁護士が集まっています。

 

そして、当連合会では、昔から単位会の枠を超えての交流が盛んですので、管内のいずれかの単位会に入会すれば、他の単位会の弁護士の様子も分かってくると思います。都市部の弁護士から過疎地の弁護士までの色々な弁護士の仕事ぶりや生活などを知ることができます。

 

また当連合会では、各単位会による講演会や研修会等の活動に対し、共催及び費用援助の方法でバックアップすることにも積極的に取り組んでいます。

 

入会後は、各種行事にも積極的に参加し、積極的に弁護士同士の関わりを深めていただければと思います。当連合会への入会と活躍を期待しています。