中部 中部弁護士会連合会

中部弁護士会連合会

〒460-0001 名古屋市中区丸の内1-4-2 愛知県弁護士会館内
TEL 052-203-1651
FAX 052-204-1690
URL icon_page.pnghttp://www.chubenren.jp/

 

日本の真ん中、元気な中部弁護士会連合会へ

ぜひ、中弁連へ

これから弁護士として活躍していこうと、希望に燃え、決意を新たにしている修習生の皆さん、日本の真ん中、元気な中部弁護士会連合会内の弁護士会への入会をお待ちしています。

 

中部弁護士会連合会は、通称「中弁連」と言われています。中国地方弁護士会連合会も「中弁連」と略称されているので、区別するときには「中部弁連」と言われることもあります。

 

中弁連とは?

中弁連は、名古屋高等裁判所の管轄区域内にある愛知県(1,859名)、三重(185名)、岐阜県(188名)、福井(102名)、金沢(165名)及び富山県(114名)の6つの弁護士会で構成されています。弁護士会連合会は、弁護士法で同じ高等裁判所の管轄区域内の弁護士会で構成することになっているからです。

 

中弁連の管内弁護士会の会員数合計は2,613名です。全国の弁護士数37,670人の6.9%です(以上の人数は2016(平成28)年6月1日現在です)。

 

中弁連は、地理的には、愛知県・三重・岐阜県の東海三会と福井・金沢・富山県の北陸三会に分かれます。南の三重県津市から北の富山県富山市までは電車で5時間くらいを要し、不便なこともありますが、同じ名古屋高等裁判所の管轄区域内にある弁護士会が一緒になって様々な活動をすることは、地理的な不便さを超えて意味のある事柄です。

 

また、中弁連では、2011(平成23)年度にテレビ会議システムを一新しました。こうしたIT機器の活用も、地理的な不便さの解消に貢献しています。

 

定期弁護士大会って?

定期弁護士大会は、どの弁連でも最も大きなイベントとなっています。定期弁護士大会には、日弁連執行部、高裁長官、高検検事長、開催地の地裁と家裁の所長、県知事及び市長などの来賓をお迎えして、弁護士在職40年以上の管内弁護士会の会員を表彰し、その功績を称えています。

 

中弁連では、各管内弁護士会の持ち回りで、定期弁護士大会と大会シンポジウムを開催しています。その年度の担当会となった管内弁護士会では、若手会員も多く参加して、大会やシンポジウムの準備のために精力的な活動をしています。

 

大会で重要なのは、宣言案と決議案の審議です。

2015(平成27)年度の中弁連第63回定期弁護士大会は、名古屋市で開催され、「罪に問われた人の社会復帰支援に向けて、司法・福祉・行刑の間断ない連携を目指す宣言」と「安全性を確保しない新規制基準に基づく原子力発電所の運転を許さない決議」「共謀罪の新設に反対する決議」を採択しました。

2016(平成28)年10月21日(金)に三重弁護士会を担当会として四日市市で開催される中弁連第64回定期弁護士大会では、「権利擁護の観点から見た、より良い成年後見制度の活用をめざす宣言」ほかが審議される予定です。

 

定期弁護士大会シンポジウム

毎年、定期弁護士大会の午前中に、特定のテーマを設けてシンポジウムが開催されています。2015(平成27)年度の大会シンポジウムは、「罪に問われた人の社会復帰支援に向けて~連携と連続、司法・福祉・行刑の新しいかたち~」とのテーマで行われました。平成28年度の大会シンポジウムは、「権利擁護の観点から見た、より良い成年後見制度の活用をめざして」とのテーマで行われます。

 

また、2015(平成27)年度の第63回定期弁護士大会では、若手弁護士の声を日弁連に届けるべく、若手弁護士が日弁連執行部との間で忌憚のない意見交換を行う「若手弁護士カンファレンス」を全国に先駆けて実施し、好評を得ました。

 

委員会活動は楽しい!

各単位会や日弁連と同様に、各弁連にも、専門分野を扱った委員会があり、活発な活動をしています。中弁連でも同様です。

 

各管内弁護士会の実情を報告しあって、情報を共有したり、参考にしたり、連携を深めたりすることは、いい経験になります。刑事弁護委員会では刑事弁護経験交流会が、民事介入暴力対策委員会では民暴合宿が、それぞれ実施されています。

 

また、管内弁護士会だけでは実現が難しい行事を中弁連が主催して開催することもあります。新入会員に対する弁倫研修はその例です。

 

研修委員会では、毎年夏の日弁連夏期研修を担当しており、2日間に亘る4コマの研修と若手会員向けの1コマの研修を企画・準備して実施しています。管内弁護士会の持ち回りで会場が選定されていますが、近時の管内弁護士会の会員数の増加に伴い、研修参加者を収容できる会場の確保等も問題となってきています。

 

2016(平成28)年度の夏期研修は、名古屋市で、「中小企業の廃業支援」「離婚に伴う財産給付について」「電子データを証拠とする場合の法律実務」「効果的な債権回収に向けた財産調査と実務」の4つのテーマと若手会員向け「債権回収の実務」のテーマで研修が行われます。

 

弁護士任官適格者選考協議会では、通常裁判官の他に非常勤裁判官(民事調停官及び家事調停官)の適格性の調査及び推薦の可否の審議を行っており、これまで、中弁連から47名の非常勤裁判官が誕生しています。

 

公設事務所は3つ

中弁連管内には、弁護士過疎対策のための公設事務所が3つあります。小浜(福井県)、熊野(三重県)、輪島(石川県)です。いずれの事務所の所長も、若手会員(63期、65期、66期)が所長となり、過疎地での事件処理に奮闘しています。それだけではなく、地域の人々との交流を通じて充実した日々を送っています。中弁連においても、日弁連の公設事務所支援委員会に委員を送ってサポートしています。

 

最近、公設事務所に赴任を希望する新人弁護士も増えてきていますが、それでも前任者が期間延長とならないように、安定して赴任者を確保する必要があります。修習生の方々には、過疎地域解消に関心をもっていただきたいと思います。

 

修習生の皆さんへ

弁連は、日弁連や各単位会と違い、なじみが少ないかも知れません。しかし、中弁連を構成する管内弁護士会に入会すれば、中弁連との繋がりができます。この中弁連紹介のコーナーで、中弁連の魅力を少しでも感じていただけたでしょうか。

 

最後にもう一度。日本の真ん中、元気な中弁連の管内弁護士会への入会を、中弁連管内の会員一同で歓迎します。

 

私たち中弁連の仲間と一緒に、市民の法的ニーズに応えるため、幅広い弁護士活動をしていきましょう。