北海道 旭川弁護士会

旭川弁護士会

〒070-0901 北海道旭川市花咲町4
TEL 0166-51-9527
FAX 0166-46-8708
URL icon_page.pnghttp://kyokuben.or.jp/

 

旭川弁護士会の現況

旭川弁護士会は、日本最北の弁護士会です。管内人口は、2013年の時点においては約71万人です。内陸部は、寒暖の差が大きく、夏は30度を越えることは珍しくなく、冬はマイナス20度に達することもしばしばあります。北部及びオホーツク海沿岸部では、米作が不能であり、牧草地が多く見られます。気候や風景は、ドイツやデンマークに似ていると言われています。

 

1 会員

2016年7月1日現在、当会の登録会員数は73名です。近年、旭川で修習をした修習生が当会に入会することも多くなり、会員は激増しました。そのうち大部分の会員が旭川市及びその近郊の旭川地裁本庁管轄内で登録しておりますが、稚内支部、名寄支部、留萌支部、紋別支部にも複数の弁護士が登録しております。各支部にはひまわり基金公設事務所も少なくありません。

 

また、占冠村のトマムには札幌の弁護士法人の支所(非常駐)が開設されています。

 

2 事件数

当会管内は人口が減少しつつあり、また、高齢化も進んでおり、その速度は全国でもトップクラスです。特に4支部管内(稚内、留萌、名寄、紋別)の人口減少 が著しく、民事・刑事とも事件数は減少傾向にあります。

 

3 弁護士会の活動

(1)当番弁護士・被疑者国選・裁判員制度

当会管轄地域は南北に長く、その距離は350キロメー トルにもなります。旭川市から、稚内市まででも250キロメートルあり、稚内から当番要請が来た場合は、1日がかりで接見に赴くこともあります。冬場の遠距離接見で自動車を使って移動する場合、路面が凍結しているので、運転には十分に注意する必要があります。もっとも、平成2001年以降は、公設事務所が次々と設置され、従前に比べて遠距離接見の頻度は下がっています。

 

2009年5月から対象事件が拡大された被疑者国選については、当会では刑事弁護委員会を中心に準備を行い、概ね順調に事件を消化できております。支部地域については本庁側から適宜支援しています。

 

裁判員裁判についても、大きな混乱なく、対応している状況です。

 

(2)法律相談センター

2011年7月から、同センターの運用を大幅に改善しました。

 

本庁では、①毎日開催、②休日対応、③クレサラ・高齢者障害者の専門相談実施、④クレサラ相談無料化を実施しています。支部では、①月2回の相談実施、②クレサラ無料化及び専門相談実施、③法テラスの指定相談場所への指定を実施しています。

 

いずれ地域社会から頼りにされる弁護士会を目指した改革です。

 

もっとも、全国的な傾向として弁護士会の法律相談センターの相談件数は減少傾向にあり、また会員数の増加により弁護士一人当たりの相談件数も減少傾向にあります。

 

(3)委員会活動

当会では、登録後数年間で、ほとんどの会員が多重会務状態となっています。ほとんどの会員が、旭川弁護士会、北海道弁護士会連合会、日弁連の委員会等の委員に複数任命され、会議に出席するだけでもかなりの時間を割かれます。ただ、近年会員数が増加したため、一人当たりの負担は減少しつつあります。

 

当会では、従来、会員数が少なかったため、若手・中堅会員が個人レベルで会務をこなすことが多く、委員会レベルの活動は一部の委員会を除き、それほど活発ではありませんでした。しかし近年、会員数が増加してきたため、今年度から各種委員会を再編・新設し、会務を個人レベルから委員会レベルで行うよう改革を行い、各種委員会が活性化してきています。

 

また、TV会議システムを導入しており、支部弁護士の会務参加が容易になっております。

 

修習生の方へのメッセージ

1 仕事面

当会管内は、人口減少・高齢化の影響で、事件数が減少傾向です。業務内容は、債務整理が減少傾向にあり、家事事件などの身近な事件が中心になって行く傾向にあります。もっとも、意外と思われるかもしれませんが、旭川市は人口のわりに病院が大変多く、医療訴訟などもかなりあり、意欲があれば専門性の高い分野の業務に関与することも可能です。

 

ただ先ほど説明しましたが、当会での登録については相当の負担を伴う点も否定できません。例えば、小規模会ゆえ、会員一人当たりの会務負担は大規模会とは比較にならないほどありますし、新規登録の方々については複数の委員会に所属し、委員会活動を行っていただく必要があります。また、地裁支部への移動や遠距離接見(80㎞~250㎞)を伴う事件は、大きな負担となります(時に冬期間)。

 

2 余暇

旭川をはじめ、道北エリアでは、ゴルフ場やスキー場が近郊にあるので、休みの日は、ゴルフないしスキーに出かける会員もいます。また大雪山など近隣は大自然の宝庫であり、また層雲峡温泉などをはじめとして、多数の温泉もありますから、休日の余暇をこなすのに不自由はないと思われます。

 

また旭川市内の通称「サンロク」(3条6丁目付近の繁華街)は、北北海道最大の繁華街であり、人口35万人の街にしてはかなり大きな繁華街ですので、美味しい食事やお酒を楽しむこともできます。

 

また当会は会員73名(2016年7月1日時点)ですが、野球チームもあり夏はほぼ毎週練習するなど熱心に活動しております(選手層が薄いので常時新人募集中。)。

 

就職についてのお問い合わせ

ホームページ  icon_page.pnghttp://kyokuben.or.jp/
お問い合わせ先E-mail : asahikawaあっとkyokuben.or.jp" 
(※スパム対策として、@をひらがなにしています。小文字の@に変換して送信してください。)