東北 秋田弁護士会

秋田弁護士会

〒010-0951 秋田市山王6-2-7
TEL 018-862-3770
FAX 018-823-6804
URL icon_page.pnghttp://akiben.jp/

 

秋田弁護士会の現況

秋田県は、人口約102万人、面積は11,610平方キロメートル、東北の北部日本海側に位置しています。

 

県北部沿岸の青森県境には世界遺産の白神山地、県北部から中央部内陸には十和田八幡平国立公園、日本一の深さを誇る田沢湖があり、沿岸部にはなまはげで有名な男鹿半島などの自然に恵まれています。

 

また、きりたんぽ、はたはた、稲庭うどんなどの特産品も知られています。

 

1 会員

秋田弁護士会の会員数は、当会ホームページ等をご参照下さい。

 

2 裁判所

秋田県には、秋田地裁本庁のほかに、5つの支部と4つの独立簡裁があり、更に、仙台高裁秋田支部が置かれています。

3 弁護士会の活動

秋田弁護士会でも、他の単位会と同様委員会活動が盛んに行われています。

 

1人の会員が、平均で7、8の委員会に属しています。

 

4 弁護士の業務形態

多くの事務所は弁護士1名の事務所です。

 

5 会員増について

当会も、他の地方単位会と同様、会員数に大きな変動がなく、50名前後で推移していましたが、司法試験合格者増に伴って近年登録者が増加し、70名を越えました。

 

支部も含め、おおむね会員数は飽和している状況です。

 

司法修習生の方へのメッセージ

1 生活について

冒頭の通り、自然環境に恵まれており、山歩き、ゴルフ、釣り、温泉巡りなどを趣味とする会員は大勢います。仕事で疲れても、癒しの場所はたくさんあります。

 

大都会で頭を悩ませる長時間通勤はありません。大半の会員の通勤時間は、10分程度であり、都会の人が通勤で疲弊している時間を、家族との触れ合いや趣味に充てることができます。

 

冬の天候は厳しいですが、夏は比較的涼しく、過ごしやすい気候だと思われます。

 

2 仕事について

弁護士過疎の状況はおおむね解消し、秋田県内の法的需要は落ち着いてきています。

 

会員は弁護士会法律相談センターの相談担当、登録制のサラクレ相談、法テラス相談の担当等により、事件受任の機会があります。

 

委員会活動や懇親会等を通じて、県内のほとんどの弁護士と面識を持つことができ、日弁連のサテライト研修の他、秋田弁護士会での研修やメーリングリストなどを通じて、弁護士同士で研鑽を積んだり情報収集をする機会もあります。

 

ベテラン会員の数が少ないため、若手弁護士が行政や外部団体等の委員に就任したり、社会的に影響のある重大事件を担当することは珍しくありませんので、弁護士として世の中の役に立っているという認識を持つことができます。

 

日弁連での活動に積極的に取り組んでいる会員も多く、目的意識、やる気さえあれば、最先端の活動に加わることに障害はありません。

 

登録をお考えの方は、早期に秋田弁護士会事務局(018-862-3770)までお問い合せください。

 

就職についてのお問い合わせ

TEL 018-862-3770