弁護士白書2015年版

弁護士白書2015表紙

『弁護士白書2015年版』を発行しました。

 

本書は、弁護士の実勢・活動状況のほか、各弁護士会や日本弁護士連合会の活動等について、統計資料などを使って、年次の変化や現在の状況等をグラフや図表にまとめたものです。

弁護士・弁護士会の実像を豊富なデータでつかめます。ぜひご活用ください。

 

→ 弁護士白書をお求めの方はこちら

→ 過去の特集はこちら 

→ 弁護士白書に掲載されている基礎的な統計情報はこちら

 

■お詫びと訂正

『弁護士白書2015年版』に誤りがございました。読者の皆様並びに関係者の皆様へご迷惑をおかけしましたことを謹んでお詫び申し上げるとともに、ここに訂正させていただきます。

 

icon_pdf.gif『弁護士白書2015年版』お詫びと訂正  (PDFファイル;170KB)

 

概要

弁護士白書は、弁護士数などの基本的情報から弁護士の活動状況に関する統計など、幅広い範囲のデータを扱っており、弁護士や弁護士会の実態を広く知っていただくことができます。また、毎号特集を組み、弁護士・弁護士会が取り組んでいる課題について詳細な資料を掲載しています。

 

年1回の発行で、2015年版で第14号となりますが、号を重ね、統計数値の経年変化もみることができます。

 

2015年版では、特集として「犯罪被害者支援の現状と弁護士の役割」を取り上げました。私たち弁護士にとって重要な活動である犯罪被害者の権利と尊厳を守るための取組について、弁護士会や各関係団体における犯罪被害者支援活動の経緯や状況もあわせて、豊富なデータや資料を用いてご紹介しています。

 

本編では、従来からの弁護士の実勢や弁護活動、その他の活動状況に関する統計のほか、日弁連の人権救済活動、国際活動など多岐にわたる弁護士・弁護士会等の活動をデータでご紹介しています。

 

本白書は、弁護士の実情だけではなく、司法統計や関連団体の統計など、さまざまなデータや統計情報も提供しています。これまでの司法制度改革の検証や今後の改革論議、あるいは制度運用の検討に資するものとなっています。

 

 

収録情報

  • 【特集】PDF犯罪被害者支援の現状と弁護士の役割 (PDFファイル;2.8MB)
  • 【本編の主な収録例】

    ・弁護士等の実勢
    ・弁護士の活動領域の拡がり
    ・弁護士の懲戒制度とその運用状況
    ・日弁連の人権救済活動
    ・日弁連の国際活動
    ・全国弁護士会(法律相談センター等)一覧  ほか

 

版型

A4判

 

ISBNコード

978-4-902873-14-6

 

ご購入方法

下記のほか、全国の別のサイトへ官報販売所及び政府刊行物サービスセンターなどへ。

 

◆弁護士白書のお申込みについて

 

定価 

 定価2015年版 2,060円(税込) 別途送料全国一律360円。2冊以上は実費。

・過去の白書の定価は以下のとおりです。

  • 2011年版~2014年版:2,060円
  • 2008年版~2010年版:2,780円 
  • 2004年版~2007年版:2,570円
  • 2003年版:1,540円 いずれも税込価格。
 申込み方法

申込用紙に必要事項をご記入の上、FAX:03-3580-9899までお送りください。
pdf申込み用紙 (PDFファイル;99KB)

※日弁連事務局経理課(弁護士会館15階)でもお求めいただけます。
ご不明な点は、日弁連法制部法制第一課(TEL:03-3580-9813)までお問い合わせください。

お問合せ先 日本弁護士連合会 法制部法制第一課
TEL:03-3580-9813  FAX:03-3580-9899

 

 

過去の特集

※2007年からの特集がPDFで御覧いただけます。

年度 / 内容

  •  2006 /【特集1】弁護士人口
  •  2006 /【特集2】弁護士任官の現状と展望  
  •  2005 /【特集1】刑事弁護活動の現状と展望
  •  2005 /【特集2】弁護士の懲戒制度-制度改革とその運用状況
  •  2004 /【特集】多様化する弁護士業務
  •  2003 /【特集1】日弁連の国際活動
  •  2003 /【特集2】弁護士過疎・偏在対策
  •  2002 /【特集】危機的状況に直面する民事法律扶助