目的別メニュー

トップページ > ひまわりほっとダイヤルについて > 売掛金回収

売掛金回収

経営者の方は取引先が売掛金の支払を渋ることで売掛金の回収にお困りになったことがあるはずです。そんな場合には、弁護士の介入によりスムーズな回収が期待されます。

契約書がないのですが、売掛金の回収はできますか?

契約は口頭でも成立します。弁護士に相談すれば、いい方法を見つけてくれる可能性があります。

売掛金を支払ってもらうように交渉をしたいのですが、相手から何を言われるのか怖くてできません。何かいい方法はないでしょうか?

弁護士なら、あなたに代わって売掛金回収の交渉をすることができます。あなた自身が相手に話したり、会ったりする必要はありません。

自分で交渉をしたのですが取引先が売掛金を払ってくれませんが、有効な対処法はありませんか?

本人の交渉では支払ってくれない場合でも、弁護士が介入したことによってすぐに払ってくれる場合もあります。また、場合によっては調停や訴訟の方法もあります。

取引先から売掛金を分割払いにして欲しいと言われました。回収を確実にするいい方策はありますか?

担保を取ったり個人保証を付けたりする方法や公正証書を作成することが考えられます。

取引先から売掛金は時効で消滅しているので払わないと言われました。どうしたらよいのでしょうか

売掛金も時効により消滅をすることもありますので注意が必要です。弁護士に相談すれば、時効消滅を防ぐ方法等についてもアドバイスをくれます。

参考ページ> ひまわりほっと法律相談室
第15回 売掛金回収のポイント(2011年12月号)

まずは「ひまわりほっとダイヤル」へお気軽にご連絡ください

全国共通専用ダイヤル 0570-001-240 受付時間:月曜日~金曜日(祝日を除く)10:00~12:00/13:00~16:00

オンライン申込み HPからもお申し込みいただけます。

▲ページの先頭へ戻る