目的別メニュー

トップページ > 弁護士報酬について > 取引額3,000万円の契約書作成の手数料はいくらか?

弁護士報酬について

3.取引額3,000万円の契約書作成の手数料はいくらか?

製造メーカーである中小企業が卸売業者との商品の継続的取引のために基本売買契約を作成する。年間の取引予想額は3000万円程度。代金支払に手形決済の予定あり。

物的担保はないが、卸売業者の代表者が連帯保証人になる予定。契約書の作成に2〜3時間が予想される。 この場合の手数料はいくらか。〔回答数=304〕

コメント
この設例では、顧問契約がない場合には5万円前後から20万円前後が請求されることが多く、顧問契約がある場合には5万円前後から10万円前後を請求される場合が多いようですが、顧問料の範囲とする回答も11.2%見られます。

(これは、1-1で3時間程度までは顧問料の範囲とすると回答した弁護士の中には、相談だけでなく書面の作成の場合でも使用時間が3時間以内であれば顧問料の範囲とする弁護士がいることを示していると考えられます。)

前へ次へ

参考ページ顧問弁護士

▲ページの先頭へ戻る