公開講座「コーポレート・ガバナンス改革の新しい流れと社外取締役の役割―社外取締役ガイドラインの活用―」

 

日本企業のコーポレート・ガバナンス改革を巡る取組は、「コーポレートガバナンス・コード」公表等を受けて加速しており、独立社外取締役を選任する上場会社(市場第一部)の比率は97.1%にのぼります。

 

上場会社の関心は、社外取締役の選任のみならず、後継者育成(サクセッション・プラン)や取締役会の多様性などの人事、株式報酬を含めた業績連動報酬、取締役会の実効性評価といった“次の段階”に進んでいます。他方、「スチュワードシップ・コード」や「フィデューシャリー・デューティー」に基づき、判断基準を明確にした責任のある議決権行使を行う機関投資家が増加する状況にあります。

 

このように、上場会社や機関投資家を取り巻く環境は変化し続けており、コーポレート・ガバナンスにおいて社外取締役に求められる役割も、さらに重みを増しています。

 

そこで、日本弁護士連合会の「社外取締役ガイドライン」を基に、企業関係者、投資家といった様々な立場の方々とパネルディスカッションを行い、社外取締役とその役割について考えます。

 

日時

2017年4月19日(水) 15時00分~18時00分

場所

弁護士会館2階 講堂「クレオ」 →会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・受講料

無料

参加対象・人数

どなたでもご参加いただけます(弁護士、社外取締役の就任する企業関係者 等)
※事前申込み制となります。詳細は「申込方法」をご覧ください。

講師

倉地 正氏 (英国機関投資家Hermesシニアアドバイザー、元株式会社東京三菱銀行専務取締役、元兼松株式会社代表取締役社長・会長、元エーザイ株式会社社外取締役・取締役会議長)

齊藤 太氏 (三井住友アセットマネジメント株式会社企業調査グループスチュワードシップ推進室長)


籔 ゆき子氏 (株式会社ダスキン社外取締役、宝ホールディングス株式会社社外取締役、大和ハウス工業株式会社社外取締役)


山口 利昭氏 (弁護士、上場会社社外取締役)


中西 和幸氏 (弁護士、元上場会社社外取締役)

内容

第1部: 基調講演

第2部: パネルディスカッション

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;214KB)

申込方法

本公開講座は、【事前申込み制】となります。お席に限りがありますので、事前申込みがないと当日ご入場いただけません。
WEB申込フォームより、事前にお申込ください。

外部サイト WEB申込フォーム

※定員に達し次第、受付を終了します。

定員

500名 ※先着順

主催

日本弁護士連合会

共催(予定)

東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会

後援(予定)

日本取引所グループ 株式会社東京証券取引所

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 法制部法制第一課
TEL 03-3580-9886

備考

テレビ会議中継については、各弁護士会にお問い合わせください。

 

個人情報取り扱いについての記載:

ご提供いただいた個人情報は、日本弁護士連合会の個人情報保護方針に従い厳重に管理いたします。 当日は、会場での写真撮影及び映像撮影があり、撮影した映像・画像は、日本弁護士連合会の広報に使用される可能性がございます。撮影をされたくない参加者の方は、当日、受付にて担当者にお知らせください。