シンポジウム「企業コンプライアンスと内部通報制度-公益通報者保護法改正の視点-」

 

東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会の主催、日本弁護士連合会の共催により、シンポジウム「企業コンプライアンスと内部通報制度-公益通報者保護法改正の視点-」を開催します。

 

日時

2016年3月1日(火)18時~20時(開場予定:17時30分)

場所

弁護士会館2階 講堂クレオBC(千代田区霞ヶ関1-1-3)

arrow_blue_2.gif会場地図

参加費等

参加費無料(事前申込み制)

参加対象

どなたでも参加いただけます。

内容(予定)

《第1部》 基調報告

  1. 我が国の通報制度と改正作業の現状(消費者庁消費者制度課担当官)
  2. 日弁連としての法改正への取組み(河端武史弁護士/日弁連消費者問題対策委員会副委員長)

《第2部》 パネルディスカッション

 

パネリスト

  • 宇賀克也氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)
  • 水尾順一(駿河台大学経済経営学部教授)
  • 山田将之弁護士(第一東京弁護士会会員)
  • 三木由希子氏((特非)情報公開クリアリングハウス理事長)
 

モデレーター

  • 浅岡美恵弁護士(日弁連消費者問題対策委員会幹事)

icon_pdf.gifチラシ兼申込票 (PDFファイル;767KB)

申込方法

チラシ兼申込票により、2月17日までに、東京弁護士会法律相談課(FAX:03-3581-0865)へ事前にお申込みください。

 

主催

東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会

共催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

東京弁護士会 法律相談課
TEL:03-3581-2206

個人情報取り扱いについての記載:
日弁連では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日弁連の会員向けの書籍のほか、日弁連のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は当日、担当者にお申し出ください。
報道機関及び個人による取材の可能性もあり、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は当日、担当者にお申し出ください。