日弁連消費者問題対策委員会30周年記念シンポジウム「消費者の権利の未来を考える~高齢化、情報化、国際化の進展における消費者の権利~」

 

日弁連消費者問題対策委員会は、1985年に設置され、創設30周年を迎えました。この間、消費者の権利の擁護のため多くの取組をしてきましたが、この数年で消費者の置かれている環境は、高齢化、情報化、国際化の進展や、日弁連が提唱してきた消費者庁の創設などで大きく変化してきました。

この最近の変化と30年の日弁連消費者問題対策委員会の取組を踏まえて、(1)高齢化社会の進展、(2)消費者取引の情報化による変化、(3)取引や決済の国際化の3つを切り口に、消費者の権利の現状と課題、そして消費者の権利の実現のためにどのような取組が必要なのか、今後のあるべき方向性を考えていきます。

ぜひ、ご参加ください。

 

日時

2016年2月6日(土)13時~15時

場所

弁護士会館17階1701会議室(千代田区霞ヶ関1-1-3)
地下鉄丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」B1-b出口直結

arrow_blue_2.gif会場地図

 

※テレビ会議中継での参加を希望される会員は、所属弁護士会にご連絡ください。

 

参加費

無料

参加対象

どなたでもご参加いただけます

内容(予定)

1.  問題提起 野々山 宏(消費者問題対策委員会委員長)

 

2.  報告

  • (1)高齢化社会における消費者の権利の現状と未来
    • 薬袋 真司(消費者問題対策委員会委員)
  • (2)情報化社会における消費者の権利の現状と未来
    • 奥野 弘幸(消費者問題対策委員会委員)
  • (3)消費者取引の国際化における消費者の権利の現状と未来
    • 五十嵐 潤(消費者問題対策委員会委員)

 

3.  基調講演

  • 松本恒雄氏(国民生活センター理事長、一橋大学名誉教授)

 

4. 会場発言・質疑応答

申込方法

事前申込不要(直接会場にお越しください)

 

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;489KB)

主催

日本弁護士連合会

お問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL 03-3580-9941  FAX:03-3580-2896

個人情報取り扱いについての記載:

○日弁連では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、日弁連の会員向けの書籍のほか、日弁連のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は当日、担当者にお申し出ください。
○報道機関及び個人による取材の可能性もあり、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は当日、担当者にお申し出ください。