岡山弁護士会主催・日本弁護士連合会共催 取調べの可視化を求めるシンポジウム「取調べの全件可視化を目指して~取調べ室の闇に光を~」

 

岡山弁護士会の主催、日本弁護士連合会の共催により、取調べの可視化を求めるシンポジウム「取調べの全件可視化を目指して~取調べ室の闇に光を~」を開催します。

 

日時

2016年1月30日(土)13時30分~16時30分(13時開場)

場所

山陽新聞社本社ビル1階 さん太ホール
(岡山市北区柳町2-1-1)

参加費・受講料

入場無料

内容

第1部 周防正行監督インタビュー

<インタビュー>
周防 正行 監督(映画監督、法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会委員)

<インタビュアー>
平井 浩平 弁護士(岡山弁護士会)

 

第2部 パネルディスカッション

<パネリスト>
周防 正行 監督(映画監督、法制審議会新時代の刑事司法制度特別部会委員)
津山 正義 氏(三鷹バス痴漢えん罪事件・えん罪被害者)
前田 裕司 弁護士(宮崎県弁護士会)
近藤 剛 弁護士(岡山弁護士会)

 

icon_pdf.gif会場地図・チラシ (PDFファイル;5.7MB)

申込方法

事前申込不要

主催

岡山弁護士会

共催

中国地方弁護士会連合会、日本弁護士連合会

お問い合わせ先

岡山弁護士会
TEL 086-223-4401