シンポジウム「消費者法の課題と展望Ⅹ 欧州消費者法に学ぶ!~EU指令と各国の消費者法制 その日本法への示唆~」

 

EUでは、これまで多くの消費者保護に関する指令(Directive)を採択し、これを加盟各国が国内法化するという形で、消費者法制を調和的に発展させてきています。また、加盟国以外の国々の消費者法制にも大きな影響を与えてきています。日本も例外ではありません。


ところが、わが国では、EU指令の具体的な内容や、各加盟国における国内法化の違いなどについては、あまり知られていません。そこで、本シンポジウムにおいては、消費者関連する主要なEU指令の内容を紹介するとともに、EU加盟国(特に、ドイツ、フランス、イギリス)においてどのように国内法化されているのかを学びたいと思います。是非ご参加ください。

 

日時

2015年12月19日(土) 13時00分~16時30分(開場予定:12時30分)

場所

大阪弁護士会2階203・204会議室
(〒530-0047 大阪市北区西天満1-12-5)

 (arrow_blue_2.gif会場地図

参加費・受講料

無料

内容

1 基調報告
基調報告①
薬袋 真司(日弁連消費者問題対策委員会委員)
「不公正取引慣行の内容と加盟国の対応」
基調報告②
川本 真聖(日弁連消費者問題対策委員会幹事)
「不当条項規制の内容と加盟国の対応」
 基調報告③
浅野 永希(日弁連消費者問題対策委員会幹事)
「消費者権利指令の内容と加盟国の対応」


2 パネルディスカッション
コーディネーター :吉田 実(日弁連消費者問題対策委員会委員)
パネリスト :寺川 永氏(関西大学法学部教授)
カライスコス・アントニオス氏(関西大学法学部准教授)
村本 武志氏(弁護士・東京経済大学法学部教授)
薬袋 真司(日弁連消費者問題対策委員会委員)

 

icon_pdf.gifシンポジウム配布資料 (PDFファイル;1MB)

icon_pdf.gifチラシ (PDFファイル;390KB)

申込方法 

事前申込不要

主催

日本弁護士連合会、近畿弁護士会連合会、大阪弁護士会

問い合わせ先

日本弁護士連合会 人権部人権第二課
TEL 03-3580-9956  FAX 03-3580-2896

個人情報取り扱いについての記載:
当連合会では、本シンポジウムの内容を記録し、また、成果普及に利用するため、会場での写真・映像撮影及び録音を行っております。撮影した写真・映像及び録音した内容は、当連合会の会員向けの書籍のほか、当連合会のホームページ、パンフレット、一般向けの書籍等にも使用させていただくことがあります。撮影されたくない参加者の方は当日、担当者にお申し出ください。


報道機関及び個人による取材の可能性もあり、撮影された映像・画像はテレビ、新聞等の各種媒体において利用されることがあります。撮影されたくない参加者の方は当日、担当者にお申し出ください。