福岡県弁護士会主催・日本弁護士連合会共催 シンポジウム「市民の行動が筒抜けに?~高度化する捜査手法と共謀罪で社会が変わる前に~」

 

シンポジウム「市民の行動が筒抜けに?~高度化する捜査手法と共謀罪で社会が変わる前に~」を下記の要領で開催いたしますので、ふるってご参加ください。

 

icon_page.png福岡県弁護士会ホームページ

 

日時

2015年12月5日(土)14時開会

場所

福岡県弁護士会館3階

(福岡県福岡市中央区城内1-1)  

※会場へは公共交通機関をご利用ください。

参加費

無料

参加対象・人数

どなたでもご参加いただけます。(事前申込み不要・先着100名)

内容(予定)
○基調講演:「監視時代の到来:GPS利用捜査が教えるもの」
成城大学 指宿 信 教授
 
○基調報告:「共謀罪法案の問題点」
九州大学学生
 
○パネルディスカッション
パネリスト
指宿 信 氏
千葉 晃平 弁護士(自衛隊監視訴訟弁護団)
安保法案に反対する市民(予定)
 
コーディネーター
 武藤 糾明 弁護士

icon_pdf.gifチラシ(PDFファイル;557KB)

申込方法

事前申込不要(直接会場にお越しください。)

主催 福岡県弁護士会
共催 日本弁護士連合会
問い合わせ先

福岡県弁護士会 TEL 092-741-6416