取調べの可視化を求める市民集会「3%から100%へ~全事件可視化へのはじめの一歩~」

 

厚生労働省元局長事件をはじめとする数多くのえん罪事件をきっかけに刑事手続のあり方について議論が重ねられ、今年、一部の事件について取調べの録音・録画を義務づける刑事訴訟法改正案が国会に上程されました。

 

今回の改正案は、録音・録画を法制度として義務づけましたが、対象事件は全事件の3%未満にすぎません。また、その対象は被疑者の取調べに限られています。全事件可視化への道はまだ始まったばかりです。

 

本市民集会では、今後のあるべき法改正と運用を考えるため、えん罪事件の被害者や弁護人をお招きし、改めて取調べの実情や問題点についてお話しいただきます。

法制審議会「新時代の刑事司法制度特別部会」に有識者委員として関わり、全事件可視化の必要性を強く訴えてこられた周防正行監督から、改正案への思い、弁護士への期待などについてお話いただきます。

 

本市民集会の様子はUSTREAMにて動画配信いたします。同日会場にお越しになることが難しい方は、ぜひこちらをご覧ください。

icon_page.pnghttp://www.ustream.tv/channel/5Xq4kLGTJLy

 

上記URLから直接視聴できない場合は、以下のURLからkashika-sympo20150915を選択してください。

icon_page.pnghttp://www.ustream.tv/user/nichibenren

 

日時

2015年9月15日(火)18時00分~20時00分(17時45分開場)

場所

弁護士会館2階講堂クレオBC→会場地図

(千代田区霞が関1-1-3 地下鉄「霞ヶ関駅」B1-b出口直結)

参加費・受講料

入場無料

参加対象・人数

先着260名

内容

第1部 えん罪事件から-報告-

  • 上田 里美 さん(爪ケア事件えん罪被害者)
  • 藤山 忠 さん(志布志事件えん罪被害者)
  • 郷原 信郎 さん(美濃加茂市長事件弁護人)

 

第2部 パネルディスカッション「大きな改革への『第一歩』として」

  • パネリスト
    周防 正行 さん(映画監督)
  • 郷原 信郎 さん(美濃加茂市長事件弁護人)
  • 上田 里美 さん(爪ケア事件えん罪被害者)
  • 藤山 忠 さん(志布志事件えん罪被害者)
  • コーディネーター
    前田 裕司 さん(弁護士)

 

icon_pdf.gif会場地図・チラシ(PDFファイル;847KB)

申込方法 事前申込不要
主催 日本弁護士連合会
共催 東京弁護士会、第一東京弁護士会、第二東京弁護士会
お問い合わせ先

日本弁護士連合会 法制部法制第二課
TEL:03-3580-9904/FAX:03-3580-9920