第4回東アジア法社会学会議「東アジア諸国内・諸国間の亀裂を架橋する法の役割」

 

このたび、第4回東アジア法社会学会議が本年8月4日(火)~6日(木)に早稲田大学で開催されることとなりました。

 

本会議は、アジアにおける法制度に関する研究や、法制度を支える人々の役割に関する研究の成果を東アジア地域の各地の研究者が共有し、共同研究を行うための場を提供する学際的フォーラムである、アメリカ法社会学会「東アジア法社会学共同研究ネットワーク」が母体となっております。

 

同ネットワークは約300名の会員を擁しており、2008年の創設以来、アメリカ法社会学会の年次大会で多数の部会を開催するほか、2010年以降は、東アジアでも地域大会を開催しており、これまでに香港、ソウル、上海で開催し、アジア・欧米から300名以上の参加を得ております。

 

是非奮って御参加ください。

 

日時

2015年8月4日(火)~6日(木)

場所

早稲田大学早稲田キャンパス
icon_page.png早稲田大学早稲田キャンパスアクセス

参加費

登録料の詳細はこちらを御参照ください。

icon_page.png第4回東アジア法社会学会議 登録画面

参加対象

どなたでも御参加いただけます。

講師

詳細はこちらを御参照ください。

icon_page.png第4回東アジア法社会学会議 プログラム

内容

大会テーマ「東アジア諸国内・諸国間の亀裂を架橋する法の役割」

 

詳細はこちらを御参照ください。

icon_page.png第4回東アジア法社会学会議 大会テーマ

申込方法

御登録はこちらから。

icon_page.png第4回東アジア法社会学会議 登録画面

主催

東アジア法社会学会

共催

早稲田大学法科大学院

後援

日本弁護士連合会、臨床法学教育学会、日本法社会学会、Korean Law and Society Association、Korean Society for the Sociology of Law、法と心理学会、日本犯罪社会学会

問い合わせ先

組織委員長:宮澤節生(青山学院大学;カリフォルニア大学ヘイスティングス校)
E-mail:smiyazawa@aoni.waseda.jp

※スパム対策として@を大文字にしています。小文字の@に変換して送信してください。